日本は世界有数の雪国らしい。

大陸の冷たい空気が日本海を通って日本の山にあたって雪になると。
湿度も絶妙だとか。なんでも、シベリアなどの極寒地域の雪は軽く粘着性が低いため積もらずに風で吹き飛んでしまうらしい。
札幌や青森やその他日本海側各所など、人が住む都市部でこれだけ積雪があるのも日本くらいらしい。

以上ネット10分で得た雑学。

んで、この辺の話ってのが本格的に盛り上がってくるのかな、と思った次第。

【洞爺湖サミット】データセンターを雪で冷やす構想、その萌芽がサミット会場に(2008-07-08)

雪氷冷房を使ったデータセンター構想(2008-12-30)

雪でデータセンターのサーバーを冷やす試み

北海道石狩市で雪冷データセンターの実証実験、来年実施へ(2009-12-09)
さくらインターネット、クラウド用データセンターを北海道石狩市に建設。規模はいまの全さくらデータセンター合計の約2倍(2010-06-21)

雪でデータセンターを冷房 北海道美唄市で実験公開(2010-08-18)

雪国に高効率なデータセンターをつくって官民問わず利用し、さらに海外企業のクラウド化もどんどん獲得して儲ける、っていうのが、ポジショントーク分を差し引いても、人口が減っていく日本には今後必要な装置産業だと思うけどね。

中央官庁がGoogleやAmazonやSalesforce.comを使ったクラウド化で米国にデータを全て握られるとか、そういうのはホントやめてほしいし、人様の労働じゃなく機械とか仕組みがお金を稼ぐっていうモデルはIT絡みに限らず、もっと増やしていかないと、マジやばいと思う。

ところで、Google様のデータセンターはこんなことなっている(なっていく?)そうだ。

  • ビルでガンガン冷房、ではなく、コンテナ水冷式でエアコン使わないのが主流
  • Googleの新しいデータセンターは平均気温の低いベルギーで冷房なし
  • 気候変動で温度が上がってきたらどうするの? Google様の答え「データセンターごと切り替える!」
  • 月を追いかける(follow the moon)データセンター。世界中のデータセンターを連動させて、気温も電気代も低い夜になったら負荷集中させる!

なんかもう勝てる気がしないが、インキュベーションでは海外に負けても、改良でいつも頑張ってきた日本の底力に期待しつつ、自社ではAmazon EC2を使わずに国内クラウドを使って、微力ながら日本を応援していこうと思った次第。

ソニエリから新たにスマートフォン3機種の正式発表があった。

Introducing Xperia PLAY – the world’s first PlayStation certified smartphone(2011-02-13)
Sony Ericsson expands Xperia family with two new generation Android smartphones(2011-02-13)

注目はやっぱり”PLAY”だな。

対応ネットワークをみると、さりげなく主要なものは全部対応してる。
先に発表している”arc”はたぶんドコモだから、もしかして、”PLAY”はauかもね?
iPhone4もアメリカじゃCDMA2000対応版が発売になったし、これまたauから、となったとしたら、au確変だね。
発売時期被ったりした日にゃあ、iPhoneにソートー食われるぞー。ってことで”PLAY”はドコモにしておいたほうがいいと思うね!
まあどれがどこから出るか未決定なわけだが!

電子版はこちら

↓こんなのもあるよ
佐々木俊尚特集

 佐々木さんの新刊。

 要するに、垂直統合マス展開型のビジネスが崩壊して、これからはあらゆる分野においてコンテンツを「創る人」と「膨大な情報の海から拾い上げて世間に広める人」が分離して、世界同時多発的に水平展開していきつつ、多種多様な分野のコンテンツやその創作者や支持者同士が交わって、新しい何かを生み出していくんだよっていう話。

 内容自体は共感というか、インターネット界隈で起きていることの過去現在そしてちょっとだけ未来について再確認。芸術や美術の話題も多くて、氏の興味分野や見識の広さ、アンテナ性能の良さに感心するとともに、キレイな言い回しというか文章が多く、新たな作風をも感じる。

 ひとつ、ちょっとだけ気になったのは、カタカナ英単語が多いってところ。

 とまあ本書で要点となる主な単語を抜粋してもてんこ盛りなわけだが、せっかくの日本人の物書きには、ひとつ上手い日本語表現を考えてほしいところである。原語が放つ感覚を表現するためには仕方なかったのだろうけど。

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) [新書] 佐々木 俊尚 (著)
新書: 314ページ 出版社: 筑摩書房 発売日: 2011/2/9
ISBN-10: 4480065911
ISBN-13: 978-4480065919

参考までに最近の他著作を貼っとく。
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)
仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)