tranquilizer gun 80年セガ製。タイトル通り、麻酔銃で動物を撃ってとっ捕まえるという、現世なら動物愛護団体からクレームつきまくりであろうゲームだ。

 ハントする対象の動物は、ヘビ、ゴリラ、ライオン、ゾウの4種類。
 ハンターは密林から出てくる動物を撃って眠らせ、ひきずりながらトラックまで連行を繰り返す。
 トラックはハンターが乗り込むとジャングルの周りを左回りに運転できて、任意のところでとめることができる。
 そして動物がジャングルから出てくるときはチラチラ気配が見え隠れする。ハンターが動物に接触すると死亡。

 って基本ルールを書くと簡単なのだが…いろいろと制約事項があるんだな、これが。

 まず、動物によっては麻酔銃を何発も撃たないと眠らせることができない。
 一番硬いゾウは5発も撃たないと寝てくれない。至近距離にゾウさんが出てきたら、かなりビビる。

 次に、麻酔で眠っている動物にはカウントダウンがあり、ゼロになると麻酔から覚める。
 よってトラックに運び込むのもぐずぐずはしていられない。このゲームのハンターはもともとノロマだが、動物を運んでいるときはもっとノロマである。
 ここでトラック移動との絡みが重要性を帯びてきて、けっこう知略が求められるゲームだ。

 そして不思議なことに、トラックの燃料も時間の経過とともに減っていって、ゼロになると動物達が凶暴化し、動きが俊敏になる。
 当然燃料ゼロだとトラックの運転もできなくなるので、のろいハンターの挙動では動物達の餌食になること必至。
 しかもなぜか4種の動物の捕獲数がオール1とかオール2とか揃うと、燃料ボーナスがある。よって、燃料を切らさないためには、ヘビばっかりとかゴリラばっかり狙うわけにもいかないのだ。

 さらに!もしもゴリラがトラックのところに到達すると、捕らえた動物を逃がしてしまう。
 あと1種捕らえれば燃料ボーナス!ってときにゴリラがトラックに向かっていくと、「な、何すんだテメー!」と恥ずかしい独り言を言ってしまうかも知れない。

 というように、当時の「キーン!バキュン!」な単純シューティングゲーム(要するにインベーダーとかそういった類のやつね)くらいしかなかった時世に、けっこう奥深いルールを持ったユニークなゲームだったのだ。

Jump Bug 小学校のころに、駄菓子屋に行くと必ずやっていたゲーム。なぜか全国的に?駄菓子屋への配備率が高いようだ。

 50円でお湯を入れて食べるベビースターラーメンの出来損ないみたいなお菓子と、このゲームで夕方まで狭い駄菓子屋に入り浸っていた。ああ、書いていると思い出してきて、懐かしい。

 1981年。”ワーゲンの不思議な冒険への旅”がゲームのキャッチコピーで、まさにその通りの内容なのだ。

 不思議な冒険度合いで言えば、ジョジョか?このゲームか?というくらいぶっ飛んでいる。

 だって、ワーゲンが飛ぶんですよ?さらに、ミサイルみたいなのを発射して、火星人やドクロみたいな荒唐無稽な敵キャラを撃退しながら進むんですよ?ワーゲンが。
 ビルのうえにドル袋が置いてあるのも良く考えたら意味不明だし。

 このゲームの最大の特徴は、その多彩で「不思議な」ステージにある。
 途中で、火山帯があったり、ピラミッドの中に入っていったり、水中ステージがあったり、果ては宇宙空間に行ったりと、当時のゲームにしては、その多彩でシュールなステージ演出がすばらしくて、もう小学生くらいだったら早く先が観たくて、ワクワクしながらハマりまくったものだった。

 そして、もうひとつの特徴は、ジャンプの上下に慣性というか、逆重力みたいな力が微妙に作用していて、制動がとりづらくなっているところ。
 これがジェット機やロケットみたいな自キャラだったら、上下左右動かし放題なんだろうけど、この不思議な慣性が働いているところがゲーム性をあげるポイントのような気がする。

 ともかく、今やっても面白い。25年前のゲームなのに。
 それはつまり、25年前からあんまり進歩していない自分…って気もするのだが、良いゲームというのは時代を超えていくと信じたい。

 なつゲー第二弾。かなりマイナーな「ノーティ・ボーイ」だ。

 理由は分からないが、主人公の少年が、化け物の闊歩する都市?を投石を武器に進んでいき、敵の城らしき建物にはためくフラッグを全て投石で消すと、ゴォー!!!と景気よく城が炎上してステージ・クリア。

 投石ってところが中世の革命っぽい感じがして何ともレトロなのだが、それに呼応するように、タンタカタン♪という軽快なBGM、何故か笑ってるユーモラスな化けモノ達が、独特の世界観を醸し出している。

 それでいて、1982年のゲームにしては画期的な、ボタン長押しによる投石距離の調節という、イキなコントロール手段を有している。
 長く押してれば長い距離を投石できるので、一見良いが、投げている時は身動きがとれない。さりげなくスリリングな機構なのである。

 パックマンの「パワーえさ」っぽい仕組みもあって、出てくるアイテムを取ると普段は主人公に向かってくる化け物たちが逃げ惑う。この両手バンザイで逃げ惑う姿がまたイカス。

 先のステージになると、R2-D2みたいなものすごいカタイ敵キャラが出てきたり、壁や障害物が全くないステージなんかもあって、ゴルフコースみたいな感覚で特徴ある各ステージを楽しめる。

 いやこのころのゲームって、ぶっ飛んでて良かった。いかにもゲーム!ってところがあってね。変にリアルを目指して、なりきれてない今のゲームより、ハマることうけあい。

サーカス 昔、50円玉を握り締めて近所のゲーセンに行った記憶のある人達向けに、なつかしいアーケードゲームを振り返る企画です。

 第一回は「サーカス」。

 画面上部に並んで流れていく風船を、シーソーに乗った人間を交互にジャンプさせることにより割っていくゲーム。

 シーソーを左右に操作することによって、人間をジャンプさせる方向を制御できる。但し判定はシビアだ。

 十字キーとかボタンでなくて、ダイヤルみたいなやつで操作するのが逆にアナログで最先端いってる。現に、エミュレータとかでキーボード操作で挑むと、かなり難しい。

 シーソーのジャンプできる位置にうまく合わせられないと落っこちて死亡。当然シーソーから外しても激突して死亡する。

 うまいこと風船の列の間に入るとコンボでパンパンパン!と気持ちよくたくさんの風船を割れる。雰囲気としてはピンボールの上のほうで玉がガンガンはねている感じ。

 たまにスピードがついた状態で落ちてくるので余裕こいてると外して死亡するので注意!死亡すると、かの有名な「葬送行進曲」の電子音が流れる。

 当時は画期的だった(らしい。後で気づいたけど)。というのも、ゲームで音程を持つ音楽が流れるものは当時殆どなかったためだ。世の中はまだインベーダーとか平安京エイリアンとか、そんな時代だからね。

 画面なんて、モノクロだけど風船をカラーにするためにディスプレイに色のついたフィルムが貼ってあったりするから。下から覗き込むと色がずれたりして、まさに子供騙しなんだけど、これはこれでカラーを楽しんでたよ当時は。

 さて、もうひとつ、このゲームの音楽が有名な理由は、かのYMOがこの音源を使った曲を作っているためだ。その名もズバリ「Computer Game -Theme from the Circus-」。他にも、「FireCracker」なんかにも引用されていて、まあ電子音同士、相性は抜群だ。

 シンプルと思いきや、ハマリがあったり無限ループがあったりもするし、それなりに奥深いゲームなのだ。

 なんてったって、ワビサビがあるしね。