Movable Type, WordPress, Drupal を比較!

日本のトレンド
日本のトレンド

日本では、Movable Typeが圧倒的に多いが、近年急速にWordPressが追い上げている。英語では既にWordPressが逆転。Drupalは殆どなし。

米国のトレンド
米国のトレンド

米国では、WordPressが多い。Drupalもそこそこ。Movable Typeはじりじりとシェアをさげている。
しかし米国でも日本語になると日本の場合と同様、Movable Typeが多い。

要するに、日本語ではMovable Typeが多いみたい。

以下、主観によるまとめ。(Ver 0.1としておこう)

観点 Movable Type WordPress Drupal
開発元 Six Apart社 wordpress.org(オープンソース) drupal.org(オープンソース)
ライセンス形態 独自形態 GPL 2 GPL 2
実装 Perl(+PHP) PHP PHP
対応DB MySQL
PostgreSQL
SQLite
Berkeley DB
MySQL MySQL
PostgreSQL
機能概略 blog黎明期をもりあげた定番ツールである。およそ基本的な機能を一通り備え、プラグインによる機能拡張も可能。日本語での情報量も多くて、レンタルサーバなどでは標準装備しているところも多い シンプルかつライトウェイトさがウリの新興ツール。Movable Typeのような簡単さを継承しつつ独自仕様を排除。オープンソースでありカスタマイズが容易であることから、シェア拡大中 本来はCMSらしいが、blog機能も備えており、Movable Typeとの互換性の高さで定評がある。blog機能を使うためにはモジュール有効化など若干の準備が必要。徹底的にモジュール化されており、機能拡張が可能。XOOPSのような、玄人好みのツールである
デザイン変更 デザインはテンプレートにより変更可能。テンプレートは、スタイルシート(StyleSheet.tmpl)とテンプレート本体(MainIndex.tmpl)からなり、テンプレートには独自タグとHTML/XHTMLタグが混在している デザインはテーマ切替により変更可能。テーマは、ヘッダ、フッタ、本文、サイドバーなどの部品ごとのPHPファイルとCSSで構成される。中身は一般的なHTML/XHTMLタグおよびスタイルとPHPのモジュール呼び出しからなる デザインはテーマ切替により変更可能。テーマは、PHPテンプレートとCSSで構成される。テンプレートのレンダリングエンジンを交換できるため、テーマごとに多種のエンジンが使われるが、「PHPTemplate」使用前提のものが多い(らしい)
その他 再構築という一括処理で静的なWebページを生成する仕様であったため、どうなの?感はあったが、3.1以降では動的生成もできるようになったため、使い分けをするのがお薦めのようだ 日本語対応が課題と言えば課題。UTF-8以外では問題がおこることもある Movable TypeやWordPressと比較するとインストールは煩雑に感じるかも知れない

感想としては、レンタルサーバを活用してblogをすぐに立ち上げたい場合などはMovable Type。導入スピード最重視ではない場合や、そもそもオープンソース派などはWordPress。blog目的だけでなく、CMS的な運用をしたい場合はDrupalが良さそう。
XOOPSは未調査なので、そのうち追加。



【速報】ウィルコム、薄型のスライド式キーボード搭載「アドバンストW-ZERO3エス」発表(NIKKEI NET IT+PLUS 2007年6月7日)

ITmedia +D モバイル:ウィルコム、幅50ミリの[es]後継機「Advanced/W-ZERO3[es]」発表(ITMedia +D 2006年6月7日)【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
ITmedia +D モバイル:ウィルコム、幅50ミリの[es]後継機「Advanced/W-ZERO3[es]」発表

「W-ZERO3[es]」の後継機種。ほしい!

前作が発表されたときもそう思ったんだが、店頭で実物を見て、予想していたのよりゴツい感じだな~と二の足をふんでいるうちに、機を逸してしまった。今度もどうなるかワカランが、虎視眈々と注目してみる。

公式サイトによると、前作からの違いは、

  • サイズ:幅が-6mmってのはいいとして、厚みが21mmから17.9mmっていうのは体感的にはかなり薄くなってる感がありそう!
  • 重量:約175gが約157gになった。これも体感的には違うのではないかと期待
  • 連続通話時間:+2時間。連続通話自体が少ないので地味だけど増えることはいいことだ
  • 画面サイズ:2.8インチから3.0インチになったのはいいとして、注目は解像度。800×480ドットは使い勝手が良さそう
  • 無線LAN対応、赤外線通信対応:無線LANはいろいろ応用ができそう!

といったところ。

メタリックな見た目もソソる。衝動買いな予感。

東京をリアルに再現する“和製Second Life”(2007年06月05日 ITMedia News)

 トランスコスモスとフロム・ソフトウェア、産業経済新聞社の合弁企業・ココアは6月5日、「Second Life」のようなネット上の3D仮想空間「meet-me」α版を今冬に公開すると発表した。東京の街をリアルに再現した3D空間内で、ユーザーが自由に家を建てたり買い物ができたりするサービスにするという。
 仮想世界などの開発は、数々のゲームソフトを手掛けてきたフロム・ソフトが担当し、キャラクターデザインにはアニメ制作会社のプロダクション・アイジー(I.G)とぴえろが参加。国産ならではの親切さやキャラクターデザイン、アダルトコンテンツの排除などでSecond Lifeとの違いを打ち出し、子どもや女性も楽しめる世界を構築するとしている。

 そういや最近SLやってないなあ。
 ユーザのモチベーションをいかにして持続させるか、ってのはすごく難しいんでしょうね。プロダクションI.Gがなんかスゴいことやってくれるのかな、とも期待するけど、こういうのって先行者が有利だったりするんでしょうから、苦戦しそうな匂いを感じたりしますね。

 個人的には、たとえシステムが素晴らしくても、SLの大雑把なビジュアルはいかにもアングロサクソンっぽくて今ひとつだし、小金儲け臭がありすぎるのもイヤだ。実際にはそうじゃないのかも知れないけど、こと日本での煽られ方がね・・・

 よって、苦しい戦いかも知れないですが、応援しています!

Fedora Project、カスタム・ビルド機能を強化した「Fedora 7」をリリース(Open Tech Press 2007年6月1日)

 米国Red Hatが支援するFedora Projectは5月31日、これまでFedora Coreの名称で提供してきたLinuxディストリビューションの最新版「Fedora 7」をリリースした。Fedora 7では、リポジトリが一本化されるとともに、新しいカスタム・ビルド・ツールが用意されている。
 リポジトリの一本化に伴い、Red HatはFedora 7関連パッケージをすべてFedoraコミュニティに開放した。従来、Fedora Coreパッケージの保守はRed Hatの社員のみが行っていたが、こうした垣根を取り払うことで、Fedoraの開発にコミュニティの意向がより直接的に反映されるようになると、Red Hatは述べている。
 Fedora 7のコードをベースに、独自のディストリビューションをビルドすることも可能だ。Red Hatでは、こうしたカスタムOSが、フル機能のOSを必要としないデバイスや、特定用途に特化したアプライアンスで広く使われるようになると見ている。

 「われわれの目指すところは、Ubuntuとは少し異なっている。Ubuntu Projectの目的は、技術に詳しくない一般的なWindowsユーザーに対し、洗練度を高めたLinuxディストリビューションを提供することにあるように見える。彼らは成功しているが、その目的のために、われわれなら払わないような犠牲を払っている」(同氏)
 デコーニグズバーグ氏はその例として、Ubuntuにはオープンソースでないドライバが含まれていることを挙げた。「非オープンソースのドライバやコードをサポートするのはやっかいだ」
 Fedora Projectは、UbuntuがDebianディストリビューションから派生したように、Fedora 7のリリースを機に、Fedoraコードに基づくLinuxプログラムが数多く開発されることを期待している。

 LiveCDによって、HDDインストールなしにいったん起動して、そこからインストールを始めることができたりするところなんかも、Ubuntuを結構意識してそうですね(GNOME版とKDE版を用意するところなんかも)。

 我がVirtualBoxで早速試してやろうと思い、ただいまBitTorrent中。
 さすがに人気ディストリビューションだけあって、およそ20時間待ち!