不思議と観戦日に摂津投手があたる。
 前回登板では散々な結果になった摂津投手だが、この日は制球も球威も冴えていたようだ。2失点するも6回途中まで踏ん張って、その気合いが伝導したのか、女房役である市川捕手が値千金の豪快逆転ツーランHRを打ち逆転、2勝目。
 ヒーローインタビューはバッテリー。いいコンビになってきた。

 7回の三振振り逃げで1塁走者が3塁到達した問題のシーン、バットに当たってたね。上林選手のスクイズもビデオではファールに見える。判定に泣かされるのはお互い様なのだろうが、今日はジャイアンツの日ではなかったようだ。
 それにしても、データを確認したわけではない印象論だが、ストライクボールの判定も怪しいのが増えたように感じるし、今日のようなきわどい当たり判定やファール判定もある。ビデオ等に全面的に頼るのもどうかとは思うが、もう少しテクノロジーの恩恵を導入した方が良いようにも思うな。

スポナビ結果


 ナゴヤドーム初体験したいということと、松坂投手の日ではないか?という期待でわざわざ遠征したドラゴンズ戦。
 しかし松坂投手のローテーションはずれてカード頭で登板済み。
 しかも恩返し勝利を飾られるというニュースまで提供。
 更に2戦目も完封負け。ガルシア投手、いいねえ。
 戦前はまさか被3タテ回避を念じる試合になるとは思わなかったが、ギータパワーで何とか一矢報いた。

 投げては中田投手が古巣に対してギリギリ粘りの投球で何とか試合を作った。
 頑丈な中田投手に、例年以上に感謝する展開が続きそうだ。

 ナゴヤドームでいいなと思ったのが「大幸横町」なるフードコートが球場内に設置してあって、ご当地グルメなどを楽しめるところ。
 ヤフオク!ドームにも「鷹正」があるが、「大幸横町」のほうがシームレスだし、居酒屋度が低いので小さい子供がいる家族や酒を飲まないお客さんなども利用しやすいと思われる。
 ヤフオク!ドーム改修時はぜひ参考にしてほしいところだ。

 しかし何とか勝てたからいいようなものの、この週はこの1勝のみであとは全て敗北。
 6連勝のあと4連敗って、強いチームの星取りじゃないよなあ。
 早くカード2勝1敗ペースに戻るよう、何か対策を期待したい。

スポナビ結果


 これを書いている時点ですでにスワローズには負け越し決定している。
 負けっぷりのショックがでかすぎてリアルタイムには書けなかった。

 スワローズとしては昨年および日本シリーズのリベンジといったところだ。
 摂津・細川バッテリーで山田哲人選手を封じ込めた在りし日が懐かしい。盛者必衰だ。

 相変わらず投手陣の出来はほぼ全員不安定だし被弾も多い。怪我人続出とか去年までの疲労蓄積とか諸事情を割り引いても、そろそろコーチの手腕にも疑問符をつけざるを得ない。早い時期にテコ入れをお願いしたいところだが・・・

 野手のほうも、ずっと感じていることだがレギュラー当確宣言の悪影響がじわじわ効いてしまっているように見える。
 先日の松田選手スタメン外し以後の成績を見れば、大功労者だろうが競争状態にすることが大事であるように思うし、内川選手や松田選手レベルのベテランは休みを入れながら若手併用で使ってほしいと思う。年齢的にはベテランではないものの稼働時間の多いデスパイネ選手や今宮選手なども同様である。
 結果的に怪我などで自動的に若手併用になりつつあるのは、不幸中の幸いか。ただ若いといっても準レギュラークラスは10年目前後の選手が多いわけなので、25才以下の選手がせめてあと1~2名は台頭してほしいところ。

 当然ながら監督はじめ指導者も毎年勝負ではあるわけだし、あまり冒険ばかりもしてられないということも分かる。
 しかし優勝奪還が絶対だった昨シーズンよりは育成寄りのシーズンにできるような気もする。
 こんな時こそ原点回帰で、ベテランだろうが主力だろうが関係なく、結果重視かつ結果がほぼ同じなら若手起用していくのが良いように思うのだが。

スポナビ結果


 第三回レジェンドデー。今回登場したレジェンドは前監督、秋山幸二氏。
 王会長とともに、今日の常勝ホークスを作り上げた大功労者である。お元気そうで何よりです。
 セレモニアル・ピッチの暴投やヒーローインタビュアー初体験など、いかにもな感じで久々に秋山ワールドを堪能できた。

 過去二回のレジェンドデーは1勝1敗となっており今日の結果次第ではまたまた「企画試合は鬼門」となる恐れも感じられたが、前日スタメンを外れて満充電完了したマッチの追撃2点タイムリー、新交流戦男になりそうな塚田選手の同点タイムリー、上林選手の「なんであんなに打球が伸びるの」ツーランHRにより逆転勝ち。
 1点差まで迫られるもギリギリ継投が決まって、レジェンドデーを勝利で飾ることができた。

 久しぶり猛打賞となり打点もあげた松田選手、やはり不動のレギュラーといっても不調であればベンチに下げて休んでもらうということが有効ではないかと改めて感じた。
 鷹の元気印といってもベテランであるし、今後も週に1日くらいは休んでもらいながら若手起用をお願いしたいところだ。
 不調の不動レギュラー問題でもうひとり気になるのは今宮選手である。隙あらば1番起用したがるのは何故?起用するなら下位打順で気楽に強振してもらうのが良いと思うのだが。解説者の方なども言及していたが、怪我が完治していないのだろうか?

 またモイネロ投手と「暫定クローザー」森投手も心配である。両者とも昨シーズン、森投手に至ってはここ何年も多登板で身体を酷使していると思うので、怪我する前に一度リフレッシュしてもらうほうが長い目で見てプラスになるような気がする。

 主力にベテランが増えてきたホークスの課題、優勝争いしながら世代交代の種をまくということが認識されている割には開幕前に6ポジションレギュラー確約など言行不一致なので、交流戦を機にチーム方針もリセットして、もう少しベテランや酷使投手の疲労回復を考慮した起用を続けてもらいたいものである。

スポナビ結果