前節イーグルス相手に嬉しい3連勝を達成し、ホーム帰還後のライオンズ初戦快勝。
 これは嬉しい、かつ重要な勝利である。
 正直なところ、このカードは3タテさえ食らわなければOKだった。
 そして、このカードで勝てる可能性が最も高い先発である今日のバンデンハーク投手で、きっちり勝利できた。

 今日も中村晃選手や柳田選手は凍ったままだし、デスパイネ選手や松田選手まで小休止に入ってしまったが、久しぶりに昇格したばかりの本多選手が先制点をもぎ取り、さらには今宮選手の爆発により結果的に7点をあげた。
 バンデンハーク投手も初回はバタついたものの、その後はギアを入れて結局7回10奪三振無失点の好投。

 本多選手や上林選手の打席をもう1回観たかったとか、笠谷投手も観たかったとか、ファン的には我が儘な願望はあったものの、重要カードの初戦ということで勝利を最優先したのだろう。5点差で岩嵜投手を登板させるあたりにも、そうした手堅さが見え隠れしていた。

 優勝を決めれば若手も試せるわけだし、油断せずにこのまま走ってほしいと思う反面、多少緊迫感のある試合で若手を使っていくのも成長に繋がると思うので、カード勝ち越し決めた場合は若手の積極起用なども検討してほしいところだ。

 ただし、去年の大反省点でありトラウマである、守備固めも考慮しつつ、ということで、本多選手の昇格なんかはポジティブ要素と捉えても良いのだろう。打撃が良ければ今日のようにスタメンでもっと観られると思うので本多選手には打撃面を何とか頑張ってほしい。
 城所選手はまだ上がって来られないのかな?城所選手が去年の交流戦のような爆発を9月にしてくれたら、とんとん拍子で優勝までいける気がするのだが。

スポナビ結果

 ロースコアゲームではあったが、プロ野球の醍醐味が詰まった、痺れる試合であった。

 見せ場はなんといっても9回表、連投に次ぐ連投で疲れが隠せないサファテ投手、得点圏にランナー安達選手を背負って打者はヤフオク!ドームでけっこう活躍している中島選手。
 サファテ投手の渾身のストレートをはじき返して内外野の間に飛ばす、まさに意地の一撃。
 今宮選手が懸命にバックし、ギリギリでグラブに当ててボールは落ちるも、レフトから突っ込んできた中村晃選手がすぐさま拾ってバックホーム。
 ランナー安達選手は今宮選手のキャッチできそうな動きを見て一瞬走塁を躊躇、その後ボールが落ちたのでホームへ突入。
 中村選手の返球が少しシュート気味に3塁側へ逸れるも、高谷捕手が捕球後めいっぱい反り返ってギリギリ安達選手へタッチアウト。

 打者・走者・守備のすべてが紙一重であり、まるで漫画か映画のクライマックスシーンを観ているかのような、そして相手がバファローズということで、2014.10.2も思い出すような、これぞプロ野球というシーンであった。

 もうひとつ、4回表2アウト1塁走者西野選手の場面。投球後に甲斐捕手が1塁牽制、甲斐捕手はこれで何度かランナーを刺している。西野選手、ギリギリの帰塁でセーフになるが、再び大きなリードをとる。次の投球、ゆるめのカーブ。西野選手、良いスタートで盗塁企画するも、甲斐捕手のピンポイント・バズーカ送球でアウト。走者・捕手の技術とプライドが真っ向からぶつかり合う、プロのプレーであった。

 打撃のほうは、相変わらず中村晃&柳田の新3番4番コンビが不発だったが、対左ということでスタメンの川島選手、昇格したての江川選手、代打で登場した上林選手のヒットはポジティブ。そしてなんと言っても本拠地で久々に熱男コールが出来たのも嬉しい。場面も当たりも、完璧なHRであった。

 週末はイーグルスとの天王山が待っている。勝ちは拾えているものの投打ともに疲れ気味のようなので、移動も大変だろうが気分リフレッシュして乗り切ってほしい。

スポナビ結果

 相手のエース金子投手から明石選手が値千金の先制2点タイムリー三塁打。その後もデスパ砲&またまた明石選手の渋いタイムリーヒットなどで加点し、70勝一番乗り、そして福岡ソフトバンクとしての通算1000勝だそうだ。

 ヒーローは先制&ダメ押しの3打点、ダイエー時代からホークスに所属している「ダイエー戦士」明石選手。何とも感慨深い巡り合わせである。
 「1000勝の日に僕がヒーローでいいのかなと思ってます」とは本人の弁。むしろ貴方がヒーローで古参ファンは大喜びです。

 ついに1番抜擢の上林選手が不発だったり、中村晃選手や柳田選手が地味に下降気味だったりするのが不安だが、今日のように他の誰かが活躍すれば勝てるということだ。今後も同時不調になるのだけは回避しながら頑張ってほしい。

 今日は6番松田選手、7番明石選手が綺麗にハマった。勝っても打順をいじるのが工藤監督?流なので、明日はどうなるか分からないが、松田選手や明石選手のような感性で打つタイプの打者は下位で暴れてほしい気がする。そしてホントは上林選手も下位のままが良かったのだろうけど、1番の適任者がホントいないね。内川キャプテンの離脱の影響はでかい。

スポナビ結果

 鷹の祭典2017 in OSAKA。大阪はホークス発祥の地であるだけに、月曜日のナイトゲームであるにも関わらず京セラドームの上段席までほぼ満員となった。ファンの多さを物語る。ただ元気度合い(声のでかさ)は東京の勝ちかな。理由は分からないが、今年の東京は凄かった。
 試合内容は省略。勝ちパターン投手が休めた以外に何の収穫もない試合であった。
 起用も相変わらず謎めいているし、勝ち負け以前のフラストレーションが溜まるね。

スポナビ結果

 アメフトの結果かよ、と見紛うばかりの点数。試合経過も含めて、貴重な観戦体験をした。

 ホークス先発の石川柊太投手が大乱調のノーコン状態。今シーズン大躍進しているとは言え、バッテリーを組む甲斐捕手も含めてまだ1軍デビュー1年目の若さが出たのか、まあこういう日もあるとは思う。
 加えて、中継ぎ陣も軒並み打撃投手なみの大乱調。先日のサファテ投手の弁にもあるように登板過多なのであろう。
 さらに、台風と猛暑の影響が色濃い海沿いのマリンスタジアム、湿度が非常に高い上に、そもそもホークスが苦手にしている球場ということもある。(とは言え幾度となく経験はしているわけなのでそれはプロとして言い訳には出来ないが)
 マリーンズ先発の石川歩投手は、6回に突如乱調したものの、5回まではパーフェクトな出来。

 とまあ、擁護すべき点もあるのだが・・・

 先発1塁手、塚田選手。去年のV逸の象徴のひとつである吉村選手のエラーを彷彿とさせる、イージーなゴロを2つもエラー。そもそもこの先発起用はどうなのか。塚田選手に恨みはないが、もともと専業ではない守備位置で使うほど、対石川投手への相性が良いのか?いままで病的なまでに左右へこだわっていたのは、どこへいったのか。
 3点差に追いついた時点で勝ちパターンをつぎ込むのもどうなのか。中継ぎの寺原投手や岡本投手の出来が悪かったとは言え、今日は割り切ってもうあと少し投げてもらうべきだ。松本投手もいる。森投手を出す試合内容ではなかっただろうに。
 中継ぎをこんなに矢継ぎ早に注ぎ込む覚悟ならば、素人が見ても明らかにいつもと違う石川柊太投手をなぜもっと早く代えなかったのか。

 監督自身が追い詰められている感があり、勝負所がズレているように思う。発言も、コーチに聞けとか、ピリピリした戦いは(上位)3球団にしかできないとか、余計な遺恨や軋轢を生むような不用意なものが多く、去年の反省がまったく活かされていないとしか思えないが、少なくとも指揮系統が動揺していては選手の出来不出来に関わらず勝てない。問題の早期解決を願う。監督・コーチ・選手の相互コミュニケーションは健全なのか。達川ヘッドコーチが最近殆ど記事にもならないが、単にメディアが取り上げていないだけなら良いが。

 結果論だが、中継ぎの各投手に対する疲労蓄積を予見しトレード等で強化をすべきだったのかも知れない。
 モイネロ投手の活躍も予定外の収穫であっただろうし、昨年の戦力分析を外国人助っ人大砲の不在のみに帰結させたのは間違いであったということだろう。

スポナビ結果