報道発表資料:iモードメールをパソコンから利用できる「iモード.net」を提供開始

 あーあ、これで「携帯で仕事じゃないメールやりとりしてまーす」とならずにお遊びメールやりとりが出来てしまう環境が整ってしまった。
 なんとなく「しかめっ面してPCに向かっている」と仕事してそうな雰囲気に見えちゃうっていう、ビミョーだけどありがちな自堕落に落ちていく、悪魔の施策だ。

NTTドコモ、パソコンからiモードメールの送受信ができる「iモード.net」を提供(2007年3月10日 CNET Japan)

 NTTドコモグループ9社は3月11日より、パソコンからiモードメールが送受信できるサービス「iモード.net」の提供を開始する。

 iモード.netは、iモードメールのアドレスを使って、パソコンからメールの送受信ができるサービス。携帯電話が圏外の状態でも、パソコンからiモードメールの確認や返信が可能だ。iモードメールなどが自由にデコレーションできる「デコメール」や、2Mバイト、添付ファイル10個までのメールに対応する。

 利用料金は月額210円で、初回申し込み時は30日間無料となっている。なお、同サービスの対象となるのは、同社のFOMAまたはmovaの契約者となっている。

 そもそも、ドコモの携帯電話が入らないけどインターネットはつながるような場所で、わざわざiモードメールを使わなくてはならない状況が自分には想像しづらい。(逆はたくさんあるけど)
 でもアドレス帳とか送受信履歴が共有できるっぽいから、それなりにメリットもあるのだろうきっと。

 自分としては、スケジュールがGoogleカレンダーと同期できたり、検索のデフォルトがGoogleだったりしてくれたほうが嬉しいのだが。

 ドコモは現在、モバイルサイトの検索に自社開発した検索エンジンを利用している。ただしこの検索エンジンの検索範囲は公式サイトと呼ばれるドコモ公認のサイトのみで、一般サイトと呼ばれる非公認サイトは他社の検索サービスに誘導する形を取っている。

 Googleと提携することで、新たに一般サイトについても、iモードの検索結果に表示されるようにする。また、ここに表示される検索連動型広告は、GoogleのAdWordsを採用する。

ドコモ、米グーグルと包括的提携交渉–検索、広告などで(2007年12月25日 CNET Japan)

 っていうニュースからはや3ヶ月が経過しようとしているが、未だYouTube携帯版くらいじゃないの?
 あ!そうか!パケ代稼げそうなものが優先なのか!
 そういやiモード.netはパケ代ってどうなるんだろう?

 と思ったらこんな感じみたい。

 なお、1通のメールの受信に対し、携帯電話に配信されるiモードメールと「iモード.net」の2つにメールが届くしくみで、iモードと「iモード. net」との間で既読・未読などステータスの連動は行なわれない。また、「iモード.net」上でメールを削除しても、携帯電話に配信されるメールは削除されない。

 ドコモはこのほか、「iモード.net」のサービス開始に伴い、14日19時より仮想空間「セカンドライフ」内の「ドコモSIM」にてサービス紹介を行なう予定。

ドコモ、iモードメールをパソコンから利用できる「iモード.net」(2007年3月10日 ケータイWatch)

 セカンドライフってまたオイしぶといね。折角豪華タレントかき集めてんだからTV-CMでアピればいいんじゃないの?
 っていうか、セカンドライフによるアピールになってる時点で(ry

 それよりも、青歯使いたいよ~。PDA向けキーボードとヘッドセットが。頼みますよドコモさん。メイン機をEMOBILE+Skypeに代えちゃおうかな。

  • 同じことを何度も書いたり、他でも統一的に適用しなければいけないような「ルール」を個別設計として書いたりすると効率や品質が落ちるんで、設計書もコードよろしく共通部品化したいよね
  • でもコードを書く人は、複数散在するドキュメントのあちらこちらを行ったり来たりしたくないんだなこれが。しかもコードにおける共通化の観点と、設計における共通化の観点がビミョーに違ったりしてるんで、その違いをコード実装者に脳内変換させるのはあまりにもスーツの勝手な了見なんじゃねーのと大合唱が
  • じゃせめてってことで、共通と個別の設計書のそれぞれの相互参照ポイントにリファレンスをつけてジャンプできちゃうと嬉しいんだろうな
  • でもリファレンスのメンテナンスなんてやってらんないし、メンテが滞って情報が「ウソ」になることほど恐ろしいものはないよな。だったら書いてないほうがまだマシだし
  • 理想を言えばJavaDocみたいにすべての設計書はHTML化して全文検索とか場合によっちゃXML化しとけばタグ付き検索なんかをしまくりingで設計者も実装者もウィンウィンだろうな
  • ただ、書く時と製本して納品物にしちゃうときはHTMLとかXMLオンリーだとつらいんだよねこれがまたスーツの戯言ですが
  • というわけで、設計書作成システム。っていうほど自動化とか逆にツール化して自由度が下がったりする制約を彷彿させちゃうレベルのものじゃなくて、設計書オーサリングツール。ExcelとかWordとかVisioっぽく執筆できて印刷や製本にも耐えちゃうんだけど、キホンHTML/XMLでリンクしまくりの検索しまくりで冗長記述nothingなソリューションをつくっちゃいたい土曜の夜。

イー・モバイルが音声サービス開始――“基本料金0円/月、パケット定額1000円/月”からの「ケータイプラン」(2008年02月25日 +D mobile)

イー・モバイルが、3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。通話の基本料金が無料でパケット定額が1000円/月からの「ケータイプラン」を提供し、月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間の音声通話を24時間定額で利用できる。

写真で解説する「EMONSTER」(2008年02月25日 +D mobile)

イー・モバイルから登場した「EMONSTER S11HT」は、スライド式QWERTYキーボードを備えるHTC製スマートフォンだ。OSにWM 6 Professionalを搭載し、タッチパネルのほか「TouchFLO」を一部採用したことで、快適な操作が行える。

イー・モバイル、3月末までに全国47都道府県へエリアを拡大(2008年02月28日 +D mobile)

イー・モバイルは、2月1日から29日までにサービスを開始、またはエリアを拡大した地域を公表した。さらに、3月末日までに全国47都道府県へのエリア拡大を行うと発表した。

“1日使い放題で630円”プランも──プリペイドデータサービス「EMチャージ」(2008年03月06日 +D mobile)

イー・モバイルが3月25日から、プリペイド方式のデータ通信サービス「EMチャージ」を開始する。1Mバイトあたり63円の従量課金のほか、1日定額、7日定額といったプランも用意する。

元気いいなあ。EMONSTERよさげだなあ。

ミウラよりもイージスよりも熱い話題、mixiの「利用規約改訂のお知らせ」。
会員減るのかなあ。こういうのがきっかけで。
blog界隈では批判と疑問の大合唱っぽいっすね。
しかし「だからって約束事の後だし変更は筋違いだろ」とつっこまれるのを承知で言うと、人んちの領域に自分から情報を晒しているわけで、リスクはあるわな。
いっそP2PでSNSしたらどうかなあ。
不特定多数に公開しないで、内輪で盛り上がりたいだけなら、それでもいいんじゃない?
っていうのと、サービス提供者側の横暴みたいなものが気になるなら、サービス提供者が不要のSNSをつくろうと。

三菱電機、携帯電話機事業から撤退・損失170億円見込む(2008年3月3日 NIKKEI NET)

 三菱電機は3日、携帯電話機事業から撤退すると正式発表した。これに伴い、2008年3月期に約170億円の損失を計上する。新規開発を中止し、 5月にも予定したNTTドコモ向けの携帯電話機の発売も取りやめ、現行機種で販売を終了する。今後は同事業で培った技術を生かし、次世代ネットワーク(NGN)などに経営資源を集中させる。

 国内の携帯電話市場は、市場が頭打ちとなる中、10社以上がひしめく状況で、各社とも利益を出すのに苦戦していた。三洋電機が携帯電話機事業を京セラに売却することを決めるなど再編の動きもでていた。

三菱電、携帯から撤退――国内電機、事業選別を加速(2008年3月3日 NIKKEI NET)

 三菱電機は携帯電話機事業から撤退する。新規開発を中止し、今春に予定していたNTTドコモ向けの携帯電話機の発売も取りやめることを決めた。国内電機大手では三洋電機が携帯電話機事業を京セラに売却することを決めたほか、日立製作所はパソコンの生産から撤退。各社の事業選択の動きが加速し始めた。

 三菱電機は3日にも撤退を発表する。同社の携帯電話機事業の売上高は年千数百億円規模だが、赤字が続き、現在はドコモ向けの供給のみに絞っている。今年度も期初に320万台の出荷を計画していたが、販売不振で2月初旬に計画を210万台に下方修正し、苦戦を強いられていた。

国内勢、光ディスク事業縮小・アジア企業、安値攻勢(2008年3月3日 NIKKEI NET)

 DVDや新世代DVDなどの光ディスクを手掛ける国内有力メーカーが相次いで自社生産の撤退や縮小に動き始めた。ブランド別で世界4位の日立マクセルは 3月末をメドに自社生産から完全撤退、同最大手の三菱化学も新世代DVD生産の外部委託を始める。日本発の技術であるDVDは機器、記憶媒体ともアジア新興勢の低価格攻勢に押されており、デジタル家電での成長を狙う日本企業の戦略は転機を迎えている。

 DVDは東芝や松下電器産業、ソニーなどが規格を策定した技術だが、機器分野でも中国勢などの攻勢が激化。日本の家電各社もアジア企業への生産委託を拡大している。テレビの開発で先行しながら生産を低コストの日本企業に委ね、最終的に主導権を日本に奪われたかつての米国勢と似た状況になりつつある。

 東芝の高評価撤退劇が呼び水になったのか、と思しき記事が複数。
 これも横並び体質なんでしょうか。だとしたら東芝の決断は日本にとっても重要な決断だったのかも知れない。

 デジタル家電になって、アナログ系技術と比べてよりモジュール化が進められるようになった今、重要なのは、完成品を製造することではなくて、LSIや素子などの中核部品を抑えつつ、企画・マーケティングや設計(UIデザインとかも含めて)が重要なのだろう。実際、組み立てるのはどこでも出来るんですよね。
 そのあたりが、物理的な駆動部分を含めた全体としての動きが重要となる乗り物なんかと大きく違っている。

 ただ、集中する先がNGNで良いのかどうかは再考の価値があるような気がするが>三菱
 航行中に漁船をちゃんと発見・追尾して自動回避できるシステムの開発を急いだほうが良いのではないか?