米ヤフーは1月17日、Web上でシングルサインオンを可能にする認証フレームワーク「OpenID 2.0」に対応すると発表した。同社サービスでアカウントを持つ2億4800万ユーザーのすべてが利用可能になる。1月30日にパブリックベータサービスを開始する。

 ヤフーのユーザーは、OpenIDに対応する他社のWebサービスに対して、新規にアカウントを取得することなくヤフーのアカウントを OpenIDとして利用することでサインインできる。OpenIDアカウントとして使用するURIには、“me.yahoo.com”、 “yahoo.com”、“www.yahoo.com”、“www.flickr.com”などが使える。

 同社は各種のアドレス帳やカレンダーをオンラインで同期するWebサービスのPlaxoとも協力しており、1月30日のベータサービス開始時点でヤフーユーザーはPlaxoが利用可能になるという。OpenID利用時には、メールアドレスやメッセンジャーのアドレスを開示しないため、フィッシング詐欺などの被害に遭いづらいとしている。また、利用中のWebサイトがヤフーが提供するものであるのを確認するためのセキュリティの仕組み「サインイン・シール」をOpenID利用時にも使えるという。

 OpenID 2.0は、OpenIDファウンデーションを中心に2007年12月に仕様が策定された。現在、AOL、マイクロソフト、サン・マイクロシステムズ、ノベルなどがサポートを表明している。ヤフーによれば、現在、有効なOpenIDアカウントは1億2000万。OpenIDに対応するWebサービスは 9000という。

米ヤフーがOpenID対応へ(2008年1月18日 @IT)

 普及に弾みがつくかどうか注目だが、ここ日本でのOpenID知名度Upには寄与しづらいであろうNews。日ヤフーが追従したら盛り上がり必至だろうけど。あとはmixiか。あでもmixiはGoogle陣営らしいね。
 そのGoogleの「OpenSocial」プロジェクトと、どちらがスタンダードになるのか?も気になるところだが、いま大流行のこうしたID統合化の副作用として、セキュリティリスクも気になってくるところ。
 SSOにしても今はブラウザに記憶して入力補完できちゃうから、IDはバラバラでもさほど困らなかったり。
 まあでもIDの統合がSSO以外にもメリットをもたらすであろうことは、いちおう理解できるが。

噂どおり出ましたね「Apple的に」超軽量なMacBookが。
有線LANなしって、また思い切ったことするなあ。
Apple信者はともかく、全てにおいてMacBook AirよりもH/Wスペックが高く1kgを切る競争をしている非Mac陣営に対して、ブランド力とデザイン、MacOSのエレガントさでどこまで迫れるか?様子を見たいと思います・・・っていうよりも、財力不足による様子見。
MacOSは使いたいんですけどね。VAIO type G(つまりIBM PC/AT互換機)で動くやつ作ってくれないかなあ。Vistaがコケてる今、チャンスだと思うんだけどなあ。

 中小企業関係税制だよね。

 ちなみに何の話かってこの話ですけど。

 自民党の伊吹幹事長は13日、通常国会の焦点の一つである租税特別措置法改正案の年度内成立を目指すとともに、野党が改正案に反対すれば衆院で再可決する方針を明らかにした。

 これに対し、民主党の山岡賢次国会対策委員長は福田首相への問責決議案提出を示唆し、与野党が激突する様相を呈している。

 同改正案は、3月末に期限切れとなる揮発油税の暫定税率や中小企業投資促進税制などを来年度以降も維持する内容。年度内に成立しなければ4月から揮発油税に上乗せしている暫定税率がなくなり、ガソリン価格は安くなる。一方、投資した中小企業に対する法人税の軽減措置もなくなるなど、増税となる場合もある。

自民「暫定税率」再可決の方針、民主は問責決議案を示唆(2008年1月14日 讀賣新聞)

 ついこの間まではお船の油でモメ続けて、年明けからはガソリン税と道路特定財源の問題でモメてるらしいっすね。

 このガソリン税の問題が含まれている「租税特別措置法」ってやつには、ガソリンの他にも酒税とか法人税とか所得税とか、あらゆる税の特別措置(主に減税系だけど)が含まれていて、すごく分かりづらいうえに、中身に至っては、個別の税制ごとに、期限が来るたびに延長しながら、ちょびっと改正、なんてことをもう30年も続けている「暫定」税制なんてのも、あるらしい。

 なんか、ジェンガとか黒ひげ危機一髪みたいな、あんな感じですかねえ。

 ところで、自分が稼業としているシステム開発屋の仕事でも、新規と改造という2パターンの開発があるけど、新規と改造でそれぞれ主要となる能力が異なるのね。

 新規は、システムではなく業務のレベルで、どういうものが必要なのか、どうあるべきか、を理解して、それを実現するのに最適な設計手法や方式を選択しゼロから組み上げる能力。
 これを創造力っていうと「改造だって創造力が必要。適用範囲の違いとか程度の問題であって、いる・いらないの二元論ではない」とか「そもそもどちらも創造なんかしていない」なんて声もあったりして、言葉の定義がややこしいけど、ゼロベースで発想し効果を想像する力が比較的多く必要であることは確か。

 改造は、調整能力とでもいうんでしょうか。既存システムの構造を理解して、どこにどう手を加えたら改造量やその後の副作用を最小化でき、かつ改造目的を達成できるか、っていうことを見極めて、積み上げたり差し換えたりする能力。あえて言うと堅いというか、失敗しないような選択をする能力とでもいいましょうか。

 で、これからの税制を考えるに、どちら寄りの考え方が重要なのか、っていう話もあるんだけど、自分が思うのは、改造ばかりやってると、新規開発のノウハウやリスクマネジメント能力がたまりませんよ、という話。

 唐突だけど、伊勢神宮の遷宮の目的の1つは、建築・修繕能力が失われないよう伝承するためで、職人の代がわりにあわせて20年おきに行われる(とされている)らしい。

 そもそも、元の構造が綺麗なシステムでないと、改造には耐えられないよね。巨大すぎて刷新には踏み切れないということなのかも知れないけど、改造に改造を重ねて構造的欠陥を吸収しきれず壊れるよりは、意図的に壊して立て直したほうが、出費も含めてまだ気構えができる分、マシな気もする。

 お犬様のNewシングルだそうです。

 Doggystyle再び、なんていうGファンク・リスペクトなファンを奈落の底へ叩き落す衝撃作。

 「ちょびっとメロウで、かすかに妖しく、かつユル~くダンサンブル」なメロディー、そしてトークボックス多用なヴォーカル、Pファンク万歳。

 ロゴのフォントやファッションセンスなんかから、ヴィジュアル面は、いぜん共演したBootsyの影響かと思われ。でもって映像作りは80’s全開。実はいま、80年代流行なんだって?

 とっ捕まったNewsばかりでここのところ冴えなかったけど、久々にイケてるSnoopをみた。Newアルバムも期待できるかも知れない。

イー・モバイルは、2008年1月10日、HSDPA 通信サービス「EM モバイルブロードバンド」の契約数が、2007年末に20万契約を突破し、20万5,900回線となったことを発表した。

2007年12月の純増数は4万1,600回線で、開業以来、最大数を記録したという。

2007年6月1日の有料サービス開始後約7か月、開業から約9か月で20万契約を突破している。

同社は、契約者数は順調に推移しているとし、その要因として、個人ユーザーへの販売が順調に拡大していること、法人ユーザーへの販売が急速に伸びてきていることを挙げている。

また、2007年12月開始の7.2Mbps サービス対応端末は、一部地域で売り切れるほどの売れ行きを見せているという。なお、端末不足に関しては、1月中旬には解消できる見込みであるとのこと。

イー・モバイルの「EM モバイルブロードバンド」が20万契約突破(2008年1月10日 japan.internet.com)

祝。
エリアも徐々に拡大しているようなので、このまま成長してもらって、値下げが出来るくらいになっていただきたいものだ。
WILLCOMがなかなか増速できず、かといって無線LANもスポットがバラけていて微妙に使い勝手が良くないなか、都心であればどこからでも接続できるというのは、特に業務用途には強みとなる。
郊外や地方が課題だろうな。明日東北へ行くが、はたして接続できるか、試してみることにしよう。