最初はちょっと斬新に感じたんだけどなあ。

LA Timesの記事によると、企業のマーケティング担当者はSecond Lifeを見限り、撤退し始めたと言う。その理由の一つは、公式発表で800万人以上とされるSecond Lifeのユーザ数がひどく誇張されたもので、多くはサインインはするもののそのまま戻ってこないということのようだ。
(「企業に見限られるSecond Life」 2007年7月15日 スラッシュドット ジャパン)

 まさにバブル。ここの土地は数年後には何倍になっているか分からないくらい値上がり確実ですよ、とか、ここにスキー場つくれば、がっさり人が訪れて大儲けですよ、とか、おーい!みんな!日本一のディスコ作ったぞー!みたいな話に、とりあえず儲かりそう!ここはひとつ盛り上げちゃいましょう!的なノリで乗っかる企業たち。

 偏見かも知れないけど、電通とか出てきた時点で、いったんサスペンドモード突入フラグがセットされた感がアリアリ。

 結局、企業の商売っ気が強く出すぎるコミュニティはユーザから敬遠され廃れる、という、blogマーケティング時代から言われているネットの法則がここでも有効ということなのだろう。

 以下は、むかし試しにやってみたときの自分自身のmixi会話。こういう第一印象って案外当たることが多いということなのかも。

Second Lifeとりあえず数時間×2日間やってみたんですが、まだこれからですね。はっきり言って、まだショボいっす。
単純に表現力だけ評価したら、韓国とか日本のオンラインゲームがいかにすごいか、を実感します。唯一、あからさまにビジネスの要素を入れるって発想だけがピンポイントですごいんですよ。奴らは。
でも、遊びを遊びと割り切らないスタンスにちょっと眉唾な感じです。
ぶっちゃけ、いろんな世界観を持つ人々とチャットしてみたいだけなら2chでいい気がする。3Dが必要なのは想像力がない証拠だと思ってしまうんですけどね。そのあたりの感じ方、考え方は文化の違いでしょう。
まあ流行だからやっておくという考えも必要かも。自分はそんな邪な方針です。
結論:今年予定されている正式日本語版が本格的に盛り上がってからでも遅くはないです。
(2007年02月25日 21:00 mixiコメントにて)

 しかし、下記のような意見もある。群がった企業が去ったあとに、本当にユーザがSecond Lifeをある一定のプラットフォームに仕立てあげることができるかどうか、試されるということか。

Second Lifeは企業からの収入にさして頼っておらず、企業の退出は Linden Labにとって大きなダメージにはならないと結論している。最後の企業がSecond Lifeから出ていった後で、ユーザー生成タイプのメタバースはむしろ栄えるのかもしれないのだが。
(「Second Lifeを最後に出る会社は電気を消していってください」 2007年7月16日 TechCrunch)

 サンやAT&T、ノベルなど数々の企業に弄ばれた商用UNIXが廃れていき、ユーザ達が作り上げたLinuxが世の中を席巻する。一連の記事を読みながら、そんな歴史をふと思い起こしていた。

 こうした記事が出てくるのも、流れの中のワンシーンなのかもしれない。

PHP4のサポート終了時期がアナウンスされた。

Today it is exactly three years ago since PHP 5 has been released. In those three years it has seen many improvements over PHP 4. PHP 5 is fast, stable & production-ready and as PHP 6 is on the way, PHP 4 will be discontinued.

The PHP development team hereby announces that support for PHP 4 will continue until the end of this year only. After 2007-12-31 there will be no more releases of PHP 4.4. We will continue to make critical security fixes available on a case-by-case basis until 2008-08-08. Please use the rest of this year to make your application suitable to run on PHP 5.

For documentation on migration for PHP 4 to PHP 5, we would like to point you to our migration guide. There is additional information available in the PHP 5.0 to PHP 5.1 and PHP 5.1 to PHP 5.2 migration guides as well.

PHP 4 end of life announcement [13-Jul-2007]

 おい、おまいら!PHP5がリリースされてから3年もたって、PHP6もそろそろ準備ができてんのに、PHP4なんかメンテできっか!セキュリティ問題だけは2008/8/8まで対応してやっから、そのスキにとっととPHP5にしやがれ、とのこと。
(888は洒落だろうきっと)

 既に多くのblogで言及されている通り、これで喉にひっかかった魚の骨のように残存していたPHP4が一掃され、PHP5への移行がより進むであろうから、それはそれで前向きなことなのであろう。

 少し探した限りでは「ふざけんなゴルァ!」という激しい拒絶反応は見当たらない。(まあ拒絶したところでOSSでは「じゃおまえ自分で直せよソースやっから」で終わるのがオチなので、おこぼれをもらっている凡人は諦めるしかないわけだが)

 これを機に、レンタルサーバもPHP5標準装備の方向へ向かってくれるとうれしいが。(PHP4が根強く残る理由の1つは、レンタルサーバだと思う)

 じっさい自分が使っている限り、クラスまわりとXML関係はちょっと辛いけど、PHPの4から5は、移行しやすいほうだと思う。

 が、さすがに仕事で使っている場合は、一通り試験をしなければいけない(はず)なので、仕事が増える人達も多いだろうな。

 ソフトウェアを作ったり売ったりしている側から見ると、いままでは、サポート切れというのは「更改時期ですよ」ということを促すための販促イベントのひとつでもあったのだが、ここ最近では、Windows XP Homeのサポート期間が延長されたり、Visual Basic 6のサポート終了計画に100社以上から抗議があったり、Red Hat Enterprise Linuxもサポート期間を延長したりと、だんだん「システム屋の脅し文句にはのらねーぞ」というユーザの声を飲まざるを得ない状況が見え隠れしてきている。

 あえてソフトウェア開発屋の立場からいうと、サポート期間は短ければ短いほどよいわけだが、ユーザの立場から見れば、家を買ったけど建てた建築業者も売った不動産屋も面倒見てくれない状態になるわけで、ましてやソフトウェアというある意味「売った時点では未完成品かもしれない商品」を売りつけている以上は、一定期間、ユーザが運用できる状態を維持することも、それはそれで義務ではあるとは思ってるんだけど・・・結局は、お金の問題なんだよね。

 ソフトウェア開発を始める時点で、維持していくためのコスト算出と予算確保、こうしたサポート終了というリスクに対する取り決めを、だいたいにおいてしていることが少ないから・・・

 開発ベンダーとして、ユーザからいわれなくても、こうした「開発費用以外にかかるコスト」をふくめて提案できる能力が求められていると思う。

 そして、ユーザ企業側にも、システム概要設計レベルくらいはできて、ミドルウェアもふくめた主なツールの比較や、開発ベンダーが出してくる提案や見積の良し悪しをつっこめるくらいの人を置け、ということになるのだと思う。

 そういった意味で、最近は、ユーザ企業とソフトウェア開発屋にいる人材の配置がおかしい気がしてならない。もっとユーザ企業側に「業務も技術も分かる素養のある人(あえてSEとは呼ばない)」が移動すべきなんじゃあ・・・

 いずれにしても現状では、ユーザ側に「ソフトウェアは買ったその日から何年経っても同じように動きつづけるもの」という感覚があって、上記のような話が通じにくいことが多々ある。

 もしかすると会計上の扱い方(バージョンアップは修繕扱いなのか?固定資産増なのか?など)等も関係があるのかも知れないが、契約の内容と、締結過程にも問題があるのだろう。(双方における、説明と理解の欠如)

 ソフトウェアの契約に関しては、経済産業省も当然ながら問題意識はあって、ずいぶん前からガイドラインを出したりいろんなことをやってくれているが、そもそも開発と運用の契約が分かれていること自体を、ホントにそれでいいか考え直してみるべきかも、なんて思ったりもした・・・話が発散してきたので今日はこの辺で。

 しつこくもういっかい掲載します。
#9 フルネズにあなたの清き一票をよろしくおねがいします!
 知り合いのイラストクリエイター(の卵)がエントリーしている「キャラプレ」の投票です。ぜひ#9に投票を。

イヤほんと、どの政党にするか迷っちゃいますよね。いちおう大政党である自民と民主の政策についても、具体的にどこがどれだけ違うのかもどこで知ればいいのか分からないし・・・
と、そんなときは、Yahoo!JAPANがマニフェスト早見表というのを作ってくれてます。

自民は、またカードを導入、とか言ってますね。住基カードで懲りたんじゃないのか?カードだらけ。

そんななか、こんな記事が。

「日中韓」共通の交通ICカード検討(イザ! 2007年6月26日)

 日本と中国、韓国の観光交流拡大を話し合う第2回観光担当相会合が26日、中国・青島で開かれ、旅行者の利便性向上に向け、3カ国で公共交通用のICカード共通化を検討する方向で一致した。
 (中略)
 各国で規格が異なる交通ICカードの共通化は冬柴国交相が提案、中韓も前向きに検討することになった。通貨換算など課題は少なくないが、自国のカードが旅行先でも使えれば利便性は大きく高まる。

犯罪の“黒船”が来た! スキミングの恐怖~その2(SAFETY JAPAN 2007年5月9日)

 「非接触型ICカードからデータを読み取り、無線通信できる小型スキマーが既にあります。ライターの半分程度の大きさのスキマーもある。スキミングするときは、これに小型パソコンをつなげて、ポケットやカバンに入れたまま人混みや混雑した電車の中を歩き回るだけでいい。非接触型ICカードのデータを根こそぎ読み取ってしまいます」。

 おいおいホントか?じっさい、過去にFeliCaの暗号を解読したなんてニュースも流れたりしたけど、いまのところ実害の報告はない。

 ただ、絶対はない。
 公表されている仕組みによれば、暗号化キーは毎回生成しているらしいけど、相互認証はトリプルDESらしい。
 (非接触ICに最適化された「FeliCa」の正体

 そりゃそうだよな。
 あのI/Oスピードを確保するのに個別鍵方式なわけがない。ということは鍵が流出するとやっぱりハックされる危険性はあると思うが如何に?

関連記事:参議院選挙も大事だが、この一票も大事だ

Wp-MixiPublisher 1.0.0 RC2 を導入。
EUCに変換して、かつエラーが出て有効化できない件をソース修正。(上のURLにあるコメント2)

で、テスト。

ボールド
イタリック

そして画像。
ookawara.com

Google AdSenseはどうなるか?


amazonアソシエイトは?

#9 フルネズにあなたの清き一票をよろしくおねがいします! 知り合いのイラストクリエイター(の卵)がエントリーしている「キャラプレ」の投票です。ぜひ#9に投票を。そういや#9っていうグラフィックカードメーカーが昔ありましたね。(関係ないジャンルのうえに古い話題ですみません)

 あと、根本的な話として、イラストの仕事募集中だそうです。(LOFTWORK>>クリエイターズファイル

 動物系イラストは得意。人間系イラストの需要に比べて、動物系はなかなか需要が少ないようで、本人嘆いておりましたが、絵本なんかに合いそうな画風なんで、絵本作家のひととかこれ読んだら吟味されてみては如何でしょうか。