会社で、むかしの雑誌「インターフェース」を見つけて、なんだか恩師に久しぶりにばったり会った気分になる。

 この雑誌はCQ出版社が出している雑誌で、基本的にはハードウェア系雑誌であるものの、当時はプログラミングに関するコアな話題も割と多くて、よく勉強に使わせてもらった。

#今よりももっとハードウェアとソフトウェアの分離がなされていない時代だった故、ソフトウェアがハードウェアの派生物のような感じで扱われていたのかも知れない。

 この「インターフェース」、特に別冊がすごかった。アルゴリズム、とか、TCP/IP、といった特定テーマについて濃い内容のものが沢山出版されていて、これがめちゃくちゃ使えたのだ。

 通信モジュール系プログラマだった自分は、ハード寄りな知識にも興味があって、「トランジスタ技術」も読み漁ったりもしていた。

 ちょうど「TRY!PC」が創刊されたあたりから、あんまりハードを直接たたくような開発が減ってきて、だんだん読む雑誌も他のものに変わっていったのだが、今振り返っても、ソフトウェア技術者としての基本知識はCQ出版社の雑誌で得たと思う。

 自分的にビミョーな評価だった「TRY!PC」は案の定、休刊したようだが、この「TRY!PC」が出たあたりがこの出版社としても混乱期だったんじゃないの?って気がする。玄人向けの出版社が、コモディティ化していくコンピュータ技術に対して、ちょっとだけ迎合しようとして失敗したような印象。

 そして自分はといえば、「OPEN DESIGN」系に移っていったり、Microsoft API系の深みにハマっていったりと、CQ出版社的なノリからは徐々に外れていって、さらにその後、管理的立場となり今に至る。そして今、再びプログラミングにハマりたい年頃。

 というわけで就職前後の7~8年は、かなりお世話になった出版社である。今でも地道に出版しつづけているみたいで、嬉しい。

Visual Studio.NETのコード・エディタは、Excelのグループ化よろしく、クラスやメソッドを+-ボタンで折りたためるようになっている。
それはそれで便利に使えればよいのだが、たまに、へなちょこプログラマの作ったソースで、メソッドの+ボタンを開くと、とんでもないダラダラソースが展開され唖然としたり。
便利になるのはいいことだ。だが便利さを己の未熟さの補完に使ってはいけない。自戒を込めて。

#SQLを直に編集せず便利なツールばかり使っているといざコアなチューニングが必要な場面で戸惑ったり

プログラムソースはテキストファイル1つ1つが、見た目も含めて、そのまままるごと作品だと思ったりしているのは、いささかこだわりが過ぎるのだろうか。

 「ジェイコムショックを引き起こしたコードのバグが法廷に登場」なんて記事を読んで、法廷に提出されるソースコードと、その取り扱いに興味シンシンながら、415億円の損害賠償訴訟の争点がバグ1つなんて、恐ろしすぎる!という恐怖感が先行。

#実際には、他にも争点はあると思うが

 引用元記事のコメント欄に書かれている意見にもあったが、書いたプログラマ個人に責任が負わされる可能性は少ないと思う。
 けど、このバグを作りこんでしまった技術者はソートー凹んでるだろうなあ。

 近頃、個人情報保護やら何やら盛り上がりすぎていることも影響して、昨今、このような損害に関する契約条件はどっちかというと「無限責任」的な方向へ進んでいるような気がしている。

#そしてその個人情報保護の盛り上がりは、我々システム屋がマッチポンプ的に煽ってしまったことも要因と思う。J-SOXにしろ、数年後にはY2Kよろしく、「システム屋の煽りに騙された!こんな高いシステム買わせやがって!金返せ!」みたいな声が広がる懸念を感じたりもする)

 もちろん作り逃げや実力不足などの、酷いシステム開発会社が存在している事実もある。

 しかしあまりに契約条件がユーザ本位に偏りすぎると、受託ソフトウェア開発なんてリスクの高い商売やってられまへん!となり、かえって業界の衰退が促進されてしまう気がしている今日この頃。

 しかし、実際に情報漏えいやバグで実害を受けるユーザ企業の立場を考えれば、賠償責任は当然だろ!という意見も否定は出来ない。

 そこでアイデアなんですけど…ソフトウェアのバグによる損害を補填する保険商品(市場)は開発できないものだろうか?

 うまくシステム設計すれば、契約条件(作業条件)の厳格化、リスクの第三者評価、いざ損害が起きた場合の金銭的補填、などに寄与するのではないかと思ったりする。

 もちろん、ソフトウェアという、中身の質も仕事の質も極めて見えづらい代物に対して、実現性があるのかどうかカナリ検討の余地はあるだろうけど!

バブル的盛り上がりを見せていたTwitterだが、案の定ダウンした。
(404ページのフォトは開発者の飼い猫だろうか?)

仮に共感を呼ぶアイデアをサービスとして具現化したとして、次の試練(ユーザ数爆発、そしてパフォーマンス低下、そしてダウン)がこれなんだろうなあ。

特にTwitterみたいなものだと読み込みだけでなく書き込みも頻繁に起こるだろうから、おそらく小さいデータとは言え負荷は高そうだ。

復活を待つ!HDDクラッシュとかだったりしないことを祈る。

情報の文明学 (中公文庫)

 アマゾンアソシエイトの実験がてら、今まで読んだ本の感想を書いてみる、と思ったらそこから結局は自分のいる業界の悩み(愚痴か?)カミングアウトになる。

 まず本の内容は、1962年に著者が発表した論文「情報産業論」をベースに、放送業に関する考察、情報産業時代の価格決定論理、五感の産業化、「第三の波」との対比、などの論説をまとめたものである。

 すごいと思うのは、1960年代に書かれた本なのに、現代を予見するような記述が多々見られること。

 「広告宣伝がまず根幹にあって、それに応じて、それに合うようにモノをつくってゆくという時代がくる」という記述などはまさに現代に通ずる。

 さて、ここからが本のなかのキーワードから連想してしまった悩みというか愚痴。

 情報産業時代の価格決定論理で「お布施理論」というのが展開されているが、これはまさにいま自分が従事している受託(或いは技術者派遣による)ソフトウェア開発の仕事についての価格決定論理に近いものがあるな~と感じている。

 派遣の場合は特に、技術者の質よりも会社の力関係というか、単にネームバリューで決まることも多いし。

 最近、偽装請負の問題やらで、2次派遣、3次派遣などは基本的に撤廃され、請負や業務委託の方向に進んでいるが、基本的にプライマリベンダから見て「臭いものにフタをした」だけな気もするので、会社の力関係(というか主従関係)と対価の問題は続くだろう。

 派遣の世界では、酷いときは、違う会社から同じメンバが候補者としてあがってきたりする。そして提示されるお金が異なってたり。「おお、B社め、さては派手に上乗せしてるな」なんて。

 会社という存在が、技術者にたかってチューチューあがりを吸っている構造になってしまっている。

 これってなんか上手く改善する方法はないのだろうか。

 理想論かも知れないけど、もしかすると、会社ではなくて、技術者のスキルや実績、そして対価に関しての一元化された市場みたいなものがあるといいのかも知れない。

 そして当面の現実解としては、ひとりひとりの技術者自身が、より良い仕事や環境、より高い成長を自ら求めて、会社を移るなり独立するなりのリスクをとっていくしかないのかも知れない。

 そうやって「個」として世の中に挑んだとき、初めて自分につけられる世間の価値というものを痛感するのだろうけど、それはそれで、いま世の中に必要とされている技術は何なのか、今自分が得意としている技術の価値はどれくらいなのか、それを理解し、価値の高い技術を身につけていく原動力にもつながるだろうきっと。

 そんなときに、仕事や人に関する横の情報交換を出来るサイトがあると心強いが…結局はMIXIなのか?イヤ、もう少しコアな情報まで交換できるサイトがきっと必要だろうなあ。