津田さんの著作集

 「tsudaる」で有名な、最近は「メディア・アクティビスト」と名乗っているらしい津田さんの新刊。

 一言で言うと、アーティストの自叙伝っぽいですね。ページにまで青い紙を使った装丁も洒落ているし。

 アートっていうと普通は、音楽とか絵画とか彫刻・工芸の類が思い浮かぶんだけど、コンテンツをネット上で巧みに取捨選択して加工編集しつつ、時には自ら情報そのものや議題・観点を創出しながら、情報の新しい見方・読み方を提示したり、共感を増幅させるってのは、まさしくアーティストだと思うんですよ。

 津田さんのやってること(やってきたこと)は、一種の現代アートなんじゃないかなと。メディア・アクティビストっていう肩書きも、ハイパーメディアクリエイターよりは響きは良いけど、インフォメーション・アーティストっていう感じですね個人的な感想は。

 そう考えると、他のネット著名人と比較して彼に熱狂的フォロワーが多そうなのも、また彼自身の行動が割と直感的に見えるのも、腑に落ちてきます。(見え方はあくまで自分の主観ですが)

 本の内容は、学生時代の新聞部っていうルーツから、ナタリー(http://natalie.mu/)創設に関わった話や、ナップスターに出会ってソーシャルに目覚めた話、そして最近のTwitterへのコミットや、震災を境にしたソーシャルキャピタル的な支援活動への積極的関与など、津田さんがなぜ今の津田さんになったのか?が当時の時代背景なんかも懐かしく振り返りながら読み解けます。

 ビートルズやストーンズを通してロックというモノを理解し、YMOを通してテクノというものを理解してきたように、津田大介の活動・表現を通じてソーシャルを理解するという、大げさに言えば一般大衆に向けた「ソーシャル・アイコン」に徐々に近づいているように、見えなくもないです。こういう人が50人、100人と出てくると、きっとソーシャル時代の幕開けがくるんでしょうね。

 細かいところでは、若い頃「宝島」が好きだったっていうのがモロ共感ですね。あの頃の雑誌って、自分も若かったからかも知れないが、刺激に満ちたワンダーランドだったような気がしますね。(バリバリ思い出補正入ってます)

 何はともあれ、ソーシャル的な要素が重要になってきた昨今のネット界隈で生きていく際には、読んでおいたほうが良いのは間違いないですね。

情報の呼吸法 (アイデアインク) [単行本(ソフトカバー)] 津田 大介 (著)
単行本(ソフトカバー): 168ページ 出版社: 朝日出版社 発売日: 2012/1/10
ISBN-10: 4255006210
ISBN-13: 978-4255006215

WordPressプラグインのTwitter Tools入れてみた。
あんまりつぶやいてもいないしフォロー&フォロワーも少ないのだが。

Twitterもビッグになったということか。いやいまどき新聞に取り上げられたからといってそんなに浮かれる事態でもなさそうだが。

選挙:衆院選 「つぶやき」は公選法違反 政府「トゥイッター」禁止

 政府は21日の閣議で、インターネット上で短い文章を投稿・閲覧するサービス「Twitter(トゥイッター)」を選挙運動で利用することについて、「公職選挙法に違反する」との答弁書を決定した。民主党の藤末健三参院議員の質問主意書に答えた。トゥイッターは140字以内の「つぶやき」を投稿し、別の利用者と即時に情報交換できるコミュニケーションツール。答弁書は、トゥイッターに書き込まれたものは公職選挙法が定める「文書図画」に該当し、選挙運動と認められる場合は違法とした。トゥイッターはイラン大統領選後の混乱で、抗議行動を行う市民が情報交換に利用し、オバマ米大統領ら世界の指導者も情報発信に使っている。【横田愛】

毎日新聞 2009年7月22日 東京朝刊

既に活用していた人かわいそう。そこまで警戒することはないだろ、という気もするが、mixiやblogの域まで一般化していないであろう現在の状況は、逆に尖がった意見が台頭してしまう可能性もあり、逆に怖いのかもね。
多くの人が言っているように、選挙カーの大ボリュウムによる連呼を何とかしてほしい。

Twitter復活してみたがフォロー数すくな・・・

登録すると自分専用のTwitter投稿用メアドができるTwitterMail

メールでWikipediaメールで辞書 など、メールを使ったオンとオフの中間的なことを考えていただけに、メールで~というのは意外とイイかもと思い試してみる。

感想は、分かりきっていたけど、フツーですね、という感じ。

送ったら返信でFriend timelineを返してくれるとより良いかもな~と思いながら、Twitterのような、双方向性の高い、ある意味インタラクティブなサービス、しかも「一言勝負!」みたいなサービスだと、メールを予期しないほどに効果的に使うにはちょっとしたヒネリが必要だと思った。

やっぱり、送る以上に受ける情報が多いという非対称性の高いものが向いているのかもしれない。

性凝りもなく、Mobitterを改造。

今回は、

  • 他人のアーカイブラインと友達ラインを見にいけるようにした
  • 画像ファイルを自サーバ上に一旦キャッシュする。かつPEAR::Image_Transform(GD)で縮小する ・・・携帯なんでなるべくちっちゃく。ライン上の表示が2回目以降の人の画像はさらにちっちゃくする
  • ついでに2回目以降表示された人はURLにもしない

なんてことをしてみる。このblogを動かしているサーバでPEARが動かせるようになったから試しにやってみた。
PEAR::Image_Transform(GD) 性能はどうだか知らないけど、お手軽さはMAX。結構すごいっす。

おまけ:いろいろテスト中に電車運行情報がTwitterされるサービス?を発見。こいつぁ便利だ。でもこれって文字数オーバーじゃない?
http://twitter.com/train_kanto

関連記事:Twitterモバイル「Mobitter」