なんか先行き怪しい話しか聞かないSonyだが、再興を信じているぞ。

衝撃が走ったソニーの「PC事業(VAIO)」譲渡 – ソニーらしい尖ったPCとしてのVAIOが消えることはない | マイナビニュース
野へ下ってVAIO頑張れ。ヒットを連発して親会社買い戻しを期待。

ソニーのパソコン売却は評価。テレビは中途半端。私見だが任天堂と組んでみては? | 田中博文
テレビなんてもう他のデバイスから映像を再生するだけの窓なんだから、付加価値戦略など捨ててモニタ機能のみで売り出せばいいのにね。

スペックで比較――「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」はココが進化した – ITmedia Mobile
機能もこなれてきた。もうSXのような4インチ台の新機種は出ないようなので、そろそろ買い換えか。

ソニー、「ハイレゾオーディオ」普及へ本格展開 – AV Watch
ハイレゾ推すね。体験してみたいが聞き分けられるか自信がない。

ソニー、米国のソニーストア20店舗を閉鎖へ リストラの一環で – ITmedia ニュース
ある意味、日本以上にブランド浸透してるし、正しい戦略だと思う。

Think you know what a smartphone can do? It’s time to think again. Something new, something extraordinary is on the way from Sony. Be amongst the first to get the latest.

Xperia Z1だと。

おなじみの次世代機種リーク情報。

今期フラグシップモデルであるXperia Zがまだ発売もされていない段階から、すでにその次の世代のモデルの情報が流出してしまいました。情報の真偽は不明ですが、一応はメーカー内部からのリーク情報であるとされています。

  1. Xperia ZL Plus
    • SoC:Qualcomm Snapdragon 600
    • CPU:1.9GHzクアッドコア
    • GPU:Adreno320
    • RAM:2GB
    • カメラ:1,300万画素
  2. 2013年下半期のフラッグシップモデル
    • ディスプレイ:5インチ フルHD(1920×1080)
    • SoC:Qualcomm Snapdragon 800
    • CPU:2.3GHzクアッドコア
    • GPU:Adreno330
    • RAM:3GB
    • カメラ:1,600万画素
    • Xperia ZLをベースとしたデザイン。しかしZやZLよりも小型
  3. Sony Xperia S後継機
    • ディスプレイ:4.5インチ HD(1280×720)
    • SoC:Qualcomm Snapdragon S4
    • CPU:デュアルコア
    • GPU:Adreno320
    • RAM:1.5GB
  4. Togari(コードネーム)
    • ディスプレイ:6.44インチ液晶 フルHD(1920×1080) Mobile BRAVIA Engine 2 JDI製
    • SoC:Qualcomm Snapdragon 800
    • CPU:2.3GHzクアッドコア
    • GPU:Adreno330
    • RAM:3GB
    • ROM:32GB
    • カメラ:背面1,300万画素積層型CMOS、前面200万画素裏面照射型CMOS
    • 通信方式:LTE/W-CDMA/GSM
    • NFC:○
    • バッテリー容量:3500mAh
    • その他:赤外線によるリモコン機能

Xperiaの次期モデルの情報がもう流出、6.44インチの大型モデルから2.3GHzクアッドコアCPU搭載のハイエンドモデルまで | ゼロから始めるスマートフォン

本当に出るのか真偽は不明だが、Togariの6.44インチはいい隙間であると感じる。
5インチはPC前提のWebページ閲覧時など、意外と物足りないが、7インチは普段持ち歩くには少々デカイ。
スーツのポケットに入れて違和感ないギリギリのところといった感じだろうか。