証券市場ですが、NYもロンドンも大幅に下げてますね。今日の東京は爆下げ確定か。
 為替も乱高下するだろうから、FXに群がっている人たちも大変だろうなあ。

 それにしても、二枚舌なのかホントにそう信じていたのか、米国も夏あたりは「一時的です」「限定的です」なんて一生懸命とりつくろっていたけど、もはや景気後退は決定的。

 これからは人も資金もコンパクトにして、最初から規模を追わないでじっくり育てる戦略がますます有効だということなのかも知れない。

 最初の失敗は資金がはじめから潤沢にあったことだという。

 「我々自身、何をやったらいいのかわかっていない時点で、既に多額の投資が集まっていた。これが非常に邪魔になった。」(Williams氏)。

 「下手にお金があるばかりに、成長が期待されるし、経営幹部を揃えなければならなかったりと、最初の数カ月は会社の組織づくりに注力しなければならず、製品そのものに注力できなかった。」(Williams氏)

 O’Reilly氏は、多くのWeb 2.0企業が同様の経験をし、最初はあまりお金がない状態でスタートするのが望ましいと付け加えた。

ティム・オライリーとTwitter創業者が振り返る「失敗」つづきの道のり(2007年11月16日 CNET Japan)

 それにしても最近の景気動向は空恐ろしい。中国のバブル崩壊のタイミングがいつなのかによっては恐慌なんてことも・・・歴史は繰り返すのか。

 インターネットはソフトウェアの価値を何か違うところに持っていこうとしてる。それは何か。それが、Web 2.0なんだ。

ひろゆきがティム・オライリーに直接きいた、「Web2.0ってなんだったの?」(2007年11月15日 CNET Japan)

 私が考えているのは、まず、ユーザーが中心となって巨大データベースを作り、多くの人が使えば使うほどそのデータベースは良くなっていってるってこと。“ネットワーク外部性”が成功を導いている。1997年に私はこのことを“Infoware”と呼んでいた。でもそれは正しくなかった。きっと “Peopleware”って言うのが正しいと思う。

 だから、企業が「おれたちWeb 2.0企業さ」って言うとき、私は「どんなデータベース資産を蓄積してるんだい?」って聞くようにしてる。

ひろゆきがティム・オライリーに直接きいた、「Web2.0ってなんだったの?」(2007年11月15日 CNET Japan)

 これは良企画だ。