AndroidおよびApple以外のメーカー各社、涙目。

ドコモ、来年夏にiPhone参入 次世代高速通信規格「LTE」に対応(2011年12月1日 日経ビジネスオンライン)

 NTTドコモは米アップルの人気スマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」の次世代機を日本国内で販売することで、アップルと基本合意した。ドコモはこの合意に基づき、まず来年夏に高速通信規格「LTE」に対応したiPadを日本市場に投入し、秋までにLTE対応のiPhoneを発売する見通しだ。

 国内の携帯電話会社ではソフトバンクモバイルが2008年に初めてiPhoneを発売し、今年10月にはKDDI(au)も最新型「iPhone4S」の販売を始めた。ドコモの参入によって大手3社すべてがiPhoneを取り扱うことになり、携帯各社の競争の軸は端末から通信品質や料金面にシフトすることになりそうだ。

記事中にある純増数急減のグラフみたら、こうなるしかないわな。
Appleにしても既に商用化されているLTE市場があるというのは魅力だろう。
個人的にはWiMAXに期待だったのだが、SprintもWiMAXからLTEに転換するみたいだし、ニッチ規格になっちゃうのかね。

 ムリヤリ1行で説明すると、スタンプラリーとか札所巡りのインターネット版をGPS携帯アプリでSNS&Twitter的に実現しました、みたいな感じのサービスである。

 詳しい紹介は以下。

5分でわかる foursquare の始め方(WWW WATCH)
ブレイク寸前?の Foursquare で町の秘密を居ながらにして知る(Lifehacking.jp)
Twitterの次はこれじゃね?今一番イケてる(と僕が思っている)『foursquare』について調べてみた(IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ)

 ポイントとかバッジといった、サービスを楽しく使わせるアイデアが秀逸だと思う。Twitterとの親和性も高いので、もうまもなくユーザが大量流入してきてブレイクするだろう。
 個人的には、ぜひSuicaやPASMOといったサービスと連携して自動チェックインを実現してほしいところ。そのためにもdocomo+Sonyに頑張ってもらって、AndroidスマートフォンにFeliCaを搭載してiアプリ相当の機能を実現してほしいところだ。実現性は薄いが・・・

 しかし札所巡りなんて日本に古くからあった文化であると思うのだが、こういうサービスを具現化するのは海の向こうの連中っていうのも、なんとも歯がゆい。

Shinagawa station なかなかデザインがよろしい。

 デザインがなんとなくiPod touchを連想させる・・・が、さすがに、指で弾いてスクロールしたり、つまんで拡大したり・・・といった操作は、やっぱりできないらしい。

 いっそ、iPod touchのUIで、Safari常時起動状態&インターネットに接続、なんてことにしちゃえばいいのに。

 っていうか、デカイiPod touch風UIの端末を公衆電話よろしく街中に散りばめたら、すごくユビキタスな感じがしてきた。NTTとAppleが組んだりしたら出来るんじゃない?どちらも社風的にやらないだろうけど。