日本エイサー、8.1型Windows 8タブ「Iconia W3-810」の発売日や詳細を公開

日本エイサーは26日、8.1型のWindows 8タブレット「Iconia W3-810」について、発売日やスペックなどの詳細を明らかにした。Bluetoothキーボードなどのオプションと合わせて、7月11日より発売する。Iconia W3-810本体の店頭予想価格は60,000円前後。

Iconia W3-810は、6月18日に開催された「Acer Press Conference 2013」で発表となった製品。8.1型液晶とWindows 8を搭載したタブレットとしては、世界初の製品となる(2013年6月26日現在、日本エイサー調べ)。その時点では店頭予想価格が80,000円前後だったが、マイクロソフトのOffice Home and Business 2013をプリインストールしながら、今回の正式発表で60,000円前後まで下がった。

同時発売のオプションには、Iconia W3-810本体を着脱できるBluetoothキーボード(店頭予想価格8,000円前後)、液晶保護フィルム(店頭予想価格2,000円前後)、保護ケース(店頭予想価格3,000円前後、ホワイトとダークグレーの2色を用意)がある。

Iconia W3-810の主な仕様は、CPUがIntel Atom Z2760(1.80GHz)、メモリが2GB、ストレージが64GB eMMC、グラフィックスがIntel GMA(CPU内蔵)。8.1型の液晶ディスプレイは光沢タイプで、LEDバックライト、解像度が1,280×800ドット、5点マルチタッチ対応、輝度が350cd/平方メートル。バッテリ駆動時間は約8時間。

主なインタフェースは、microSDカードスロット、ステレオスピーカー、マイク、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、MicroUSB 2.O×1、3.5mmオーディオジャック×1、MicroHDMI出力×1、約200万画素Webカメラ×2(フロント/リア)。内蔵センサーは、照度センサー、ジャイロスコープ、加速度センサー、電子コンパス。本体サイズは約W219×D134.9×H11.4mm、重量は約500g。OSはWindows 8 32bit版。

「RTじゃない」Windows 8で、Office Home and Business 2013がのってて、かつ予想価格が60,000円前後ってところがミソ。
これは売れるような気がする。業務システム需要とかね。Androidで業務システムってのは、実際やってるがなかなか厳しいので。#iPadでやれ、という声は聞こえないふり
もうちょっと軽かったら、というところと、3GかLTEが使えるバージョンがほしかったところが、気になるといえば気になる。
国内メーカーで8インチWin8だしてくれないかなあ。Xperia Z tabletの筐体にWin8Proのせたら結構強力だと思うのだが。
という訳で、これはこれでよさそうなので、調査名目として会社の金で買っちゃう決意をする長雨の夜。