ソニーでは「よりお求めやすい価格で提供する」と案内。ユーザーの満足度を高め、よりユーザー数の拡充を図るため、価格改定を実施したと説明する。一方、他社を含めた定額制楽曲配信サービス全体で見ると、これまではauの「LISMO Unlimited」が目立つサービス、といったところだったが、2013年になって複数の企業が続々と名乗りを上げている。1月10日にはディー・エヌ・エー(DeNA)が2012年度内にスマートフォン向け楽曲配信サービスをスタートすると発表。また、レコチョクが3月上旬、NTTぷららが3月1日より月額980円で、定額制楽曲配信サービスを提供すると発表している。こうした状況についてソニーでは「業界として盛り上がってきて嬉しい。直接の対抗策というよりも(値下げは)サービス改善」としている。
ソニーの「Music Unlimited」月額980円へ、高音質化も – ケータイ Watch

確かに若干盛り上がってきたね。とりあえず使ってみる。