空前の人材不足でもエンジニアが大事にされないのはなぜか(2007年11月27日 @IT)

 システム開発に関する、ユーザ企業とシステム開発ベンダの両者間における境界線の引き方が、やっぱり気になる。

 何でもシステム側が自分たちの業務に合わせてくれる、というユーザ企業の幻想と、ユーザ企業の業務知識がない状態から要件を把握して最終工程までの見積をしなければならない、それが常態となっている開発ベンダ。

 要件定義はやっぱりユーザ企業側でできるようにすべきじゃないかと。そういうスキルを持つ人材はユーザ企業側にいるべきなんじゃないかなあ。

 もっとも要件定義という言葉も、業務要件、システム要件、など観点の異なる要素がたくさん詰まっている。これを1つの言葉(工程)でまとめてしまっているところが、問題なのだろうか。

自分用メモ以外の何者でもない。読んだ人すんません。

  1. Rectangle Select Tool(R) で切り抜きたい領域を選択する
  2. 編集-コピー(Ctrl+C) で選択した領域をクリップボードに保存する
  3. ファイル-新規(Ctrl+N) で貼り付け先の新たなキャンバス(っていうの?)を作成する
  4. レイヤー-レイヤー削除 で新規作成時に作られるレイヤーを削除しておく(グレータイル模様はレイヤーがない状態を示すらしい)
  5. 編集-貼り付け(Ctrl+V) でクリップボードに保存した画像を貼り付ける
  6. 画像-キャンバスをレイヤーに合わせる で画像サイズにキャンバス(っていうの?)を合わせる
  7. 画像-画像拡大縮小 のパーセント指定によるサイズ変更を行う(高画質写真の場合は、画像サイズを節約するために縮小が必要になる場合が多いため)
  8. ファイル保存

自宅を片付けていたら、Vzエディタほか、懐かしいモノを発見。Vz&WZはともかく、VW WORKSはマニアすぎる!

Village Center

 Vzエディタは知る人ぞ知る高性能エディタ。当時では型破りな常駐モードというのがあって、いつでもESCキー一発で呼び出せたり(DOS時代はシングルタスクなので割り込みで起動できるのは重宝した)、強力なマクロやファイラーも搭載していて、Vz環境下から出ずに、コンパイルからファイルコピーから全てが完結できた。今でいうと、Eclipseから出ない、みたいな?

 会社ではRED(これまたマニアック)やMIFESを使っている人が多かったけど、自分は自前調達のVzを頑なに使いつづけた。あげくには会社から支給されるPCが遅くて、PCも自前で調達したり。今そんなことしたら私的利用がどーたら、なんて面倒なコトになるだろうけど。

 その後、本格的にWindowsの時代になると、秀丸エディタの時代になっていくわけだけども、わりと近年までDOS窓でVzを使いつづける人もいたそうな。Longファイルネームに対応させるパッチをあてたりして。思えば、ホントに牧歌的な時代だった。

 発売元のビレッジセンターにはまだ商品紹介が残っている。

 オールアセンブラで64Kbyteに収まっているVz。ソース読んでもワケが分からなかったが、あのころは「少しでもVzっぽく」自前の画面制御ライブラリをVz風にしたりしてた。プログラミング言語としてのC言語をちゃんと覚えようと思ったのはVzのソースを見るようになってからだったな。オールアセンブラでサクサクとアプリ書くほど強者じゃなかったので、せめてH/Wを自由に叩ける言語を1つくらいは使いこなして、なんかまとまったソフトウェアを書こうと。いい勉強材料だった。

 ビレッジセンターではVzの後継商品としてWZエディタを発売するが、そのころには既に秀丸などのような高機能フリーウェアorシェアウェアがネットで流通しており、実際、自分もWZ1.0は購入したものの、正規購入した秀丸から乗り換えるまでには至らず。(実際、Vzユーザは秀丸が多くを吸収していたように思う。WZエディタの発売タイミングがちと遅かった。残念ながら)

 Vzエディタの作者c.mosさんは今でもご健在。憧れだったなあ、若いころ。ZCopyを今でもバックアップに使わせてもらっている。