何度も観てしまうDVDというのがある。これもその1つ。

 ロボコップで一世を風靡したポール・バーホーベン監督が、フィリップ・K・ディックの短篇小説を、アクションスターのアーノルド・シュワルツネガーで映像化した「トータル・リコール」。

 メジャーになる前のシャロン・ストーンなんかも出演していたりする。

 出てくるガジェットのなかには、現代がすでに当時の未来想像図を越えてしまっているもの(TVモニタがブラウン管だったり!)が多いが、全体的にスピード感と二転三転のある展開で、娯楽SFとしては傑作の部類に入ると思う。

 映画では火星のテラ・フォーミングが描かれている。それはさすがに何百年後?という感じだろうが、転じて現実世界に目を向けると、ここ最近、宇宙探査の進展を感じさせるようなニュースをよくネットで見かける。

三菱重工業 H-2Aが完成 「スリーダイヤ」宇宙へ(2007年6月29日 Yahoo!ニュース – フジサンケイ ビジネスアイ)
NASA、国際宇宙ステーションの施設を無料開放へ(2007年6月27日 CNN.co.jp)

 ビジネス化すると、進歩はけっこう速くなるような気はする。自分が生きている間には、月に基地ができて火星に人が行く時代が本当にくるのだろうか?

 さらにはここ数年、月面探査や基地建設の計画を主要各国が発表したりして、ついに覇権争いは宇宙にまで拡大していきそうだ。

 2009年はガリレオ・ガリレイが初天体観測をしてから400年を記念した「世界天文年」らしい。

 2009年、宇宙が争いと破壊で覆われないよう、願わくば、宇宙開発競争が資源問題、人口問題、環境問題の解決に寄与することを期待しつつ、夜空を見上げる。
 東京の空には星が見えない。でもやはり宇宙というのは言葉だけでもロマンを感じさせる。

 PSPの次は、天体望遠鏡を衝動買いか?


PSPを衝動買いした。

コナミのシューティングゲーム(グラディウス、特に初移植のXEXEX)が衝動的にPlayしたくなったのと、以前から、録りだめしたNHKスペシャルなどの動画を電車のなかに持ち込みたいなと思っていたので。

特に動画は、携帯電話や「やっと出た」SonyのビデオWALKMANも候補にあがったけど、携帯はすぐ電池なくなるし、どっちみち両者とも画面が小さい。PSPの大画面はけっこう惹かれるものがあり、冒頭の衝動的理由もあいまって購入に至った次第。

そして、せっかく自宅のルーターが無線対応なので、無線LANで遊んでみた。

PSPのブラウザって、キーバインドが絶妙で、レンダリングもそこそこ良くて、けっこう使いやすい。
(詳しくはこちら

そして、本blogで使っているWordPressに、PSPほかゲーム機ブラウザ用のPlug-in「WordPress Ultimate Gamer’s Pack」があるのを発見。

早速使ってみる。
WP-PSP
PSPの画面にタイトルリストやカテゴリが収まるようにうまくレイアウトされていて、シンプル。
ただ、PSPブラウザの場合は普通のWebページもうまくレンダリングされちゃう「ジャストフィット」や「スマートフィット」なんていうモードが用意されているので、別に使わなくても、いいかもね。

DSLite向けとWii向けもあったんで一応有効化してあるが、持っていないため確認不可能。
まあゲーム機上のブラウザから本blogに到達する人も、稀だろうな。

登録すると自分専用のTwitter投稿用メアドができるTwitterMail

メールでWikipediaメールで辞書 など、メールを使ったオンとオフの中間的なことを考えていただけに、メールで~というのは意外とイイかもと思い試してみる。

感想は、分かりきっていたけど、フツーですね、という感じ。

送ったら返信でFriend timelineを返してくれるとより良いかもな~と思いながら、Twitterのような、双方向性の高い、ある意味インタラクティブなサービス、しかも「一言勝負!」みたいなサービスだと、メールを予期しないほどに効果的に使うにはちょっとしたヒネリが必要だと思った。

やっぱり、送る以上に受ける情報が多いという非対称性の高いものが向いているのかもしれない。