グーグル、Webアプリをオフライン対応にする「Google Gears」開発(2007年5月31日 @IT)

 Google Gearsは3つのAPIで構成する。APIはWebアプリケーションでやり取りするデータをローカルディスクにストアする「ローカルサーバ」、アプリケーションでデータを使えるようにする「データベース」、ローカルデータとネット上のアプリケーションサーバとを同期する「ワーカープール」の3つ。
 データをローカルにストアすることで、ネット接続がない場所や接続が不安定な場所でも、オンライン時と同様の使い勝手を実現する。ネット接続が確立できたタイミングで、ローカルとサーバ側がデータを同期する。「Webブラウザのキャッシュは静的ページにしか対応しないが、Google Gearsは複雑なアプリケーションにも対応できる」(米グーグルのデベロッパプログラム担当 ブレット・テイラー[Bret Taylor]氏)という。

 過渡期としては待ち望まれた技術であると思う。たぶん、将来は「ネットにつながっていないことがありえない」環境になっていくのだろうけど、今ではまだオフラインであることも多い。

 Googleが、この技術をオープンソースソフトウェアとして公開する意向であることも、共感できる。クローズドな技術ではもはやスタンダード足り得ないし、Googleといえども世の中の全てのTO-DOをこなせるほどのアプリケーションサービスを自前で提供できるわけでもないだろうし。

 利益追求策としては未知数だが、新しい技術プラットフォームを提供する先駆者・研究者・伝導者としてのGoogleが、少なくとも技術面では正しい方向を向いているな、と感じさせる話で、ほっとする。

 Readerが対応したとのことだが、Gmailが対応したら普及が爆発するのだろうか。いずれにしてもいじってみたくなる話だ。

エンジニアにとって最高の栄誉かも。
ちなみに、営業にとって最高の栄誉は、「お前、話術でなんとかしてこい」かも。

KDE 4が出たらKDEにしようかなあ。
Ubuntu => Kubuntu は単にKDE関連パッケージを入れてデフォルトデスクトップを入れ替えれば良いんだろうか?