公式HP | Wikipedia | 旧作Wikipedia | IMDb
 やっと鑑賞。
 前作は1982年公開なので続編と言うにはあまりにも時間が経過しすぎている本作、前作のBlu-rayで復習予習してから鑑賞しようとしていたがその余力なく、ぶっつけでの鑑賞となった。

 感想は、もう少し尺が短ければ。それ以外も満足とは言えないが全てがマイナス評価でもない。しかし、まったくの新規ファン獲得は、やはりちょっと難しいかもな、といったところである。

 やはり映画というのは、観る側の集中力の限界というのもあり2時間±せいぜい15分くらいが適当であって、それを大きく超える長さにするときはよほど観客を魅了し続ける確信がないとやってはいけないものだと、改めて感じた。

 制作陣は「思ったより客層が拡がらなかった」と漏らしているらしいが、だってアナタ、前作を観ないと分からない設定を前提としている以上、前作を直前に全米無料再上映くらいしないと客層は拡がらないでしょ。
 じっさい北米の興行成績でも、観客は年配男性が多かったそうなので、まあそういう映画でしょうな。

 見た目や行動様式の類似性のみならず、傷つけば血も流す疑似人間(レプリカント)と、本物の人間の違いは何なんだ、っていうSFでは古典的な題材のひとつとも言えるテーマを、前作の雰囲気や地続き感を損なわずに上手いこと料理したという点では良作と思うのだが、いかんせん、しつこいようだが2時間44分は長すぎる。
 主要登場人物の半分はレプリカントであること、舞台が「地球外に住む富裕層から半ば見放された地上世界」であることなどから、俳優陣は淡々とした、乾いた演技になりがち。また前作同様、ハリウッドアクション的な派手な演出はごく少なめ。ストーリーは良く出来ているもののシンプルで、二転三転したり敵味方が入り乱れたりという目まぐるしさもなし。
 NHKドキュメンタリー番組を観ているかのような、何とも贅沢な時間の流れを全編通じて感じるのである。

 アーティスト的には撮りたかった画ばかりなんだろうけど、どうせなら前作にならって、上映映画としてはカットできるところはカットして、別途Blu-rayなどで「完全版」を売るとかさ。どちらにせよ円盤まで買うのはマニアなので、ブックレットとか設定資料とかつけてがっつり制作費の一部を回収できる価格設定すれば良かったのにと思う。

 俳優陣の演技はというと、率直に言って可もなく不可もなくだったのだが、強いてあげるなら、Luv役のシルヴィア・フークスが「造られたモノっぽさ」をほどよく表現していて良かったのと、Joi役のアナ・デ・アルマスのこれまた造られたベタベタな男好きする感じが良かったなと。
 それにしてもハリソン・フォードの要介護っぷりは、スター・ウォーズEp.7での扱いに続き、彼を鏡に自分自身の加齢をも痛感し、寂しい。世代的には仕方がないのだが。

 日本人ファンとしては、前作で半ば伝説化した意味不明台詞「ふたつで十分ですよ」をパロった演出がほしかった一方で、今作の日本語シーン(データ検索するときのボイスメッセージ)が関西訛りっぽくて面白かった。

 本作は、突拍子もない行動とか、ウィットでユーモアに富んだ会話とか、進行上はどうでも良いが画の中で気づくと面白みを感じる小物とか、そうした要素は割と少ない。現状の「断捨離」具合もハードSF映画っぽさがあって嫌いではないが、多めに分かりやすく配置されていたほうが受けは良かっただろうなと思う。
 これはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作風なのかも知れないが、画も演出も無機質的かつ無音的である。特にシーンをつなぐ「間」の取り方が独特で、キーワードとしては「アンビエント」とか「禅」や「ワビサビ」という言葉さえ浮かぶ。
 監督は「断捨離を極めたミニマリストで、テーブルと椅子しかない部屋で環境音楽を聴きながら瞑想にふける」ような人なのではないかとさえ感じる(あくまで自分の勝手な想像である)。そう思い込むと、凡人とは違う時間軸であっても不思議ではないかもな。

 終わり方については、虚脱感があって、自分としては好きだ。大団円的なのが好きな人には?マークがたくさんつくでしょうな。

 つまるところ、まとめると「前作ファン向け」であり「ヴィルヌーヴ監督の常連さん優遇」で「映像美」と「間」を楽しむ映画である。
 ある意味、最低限ポイントは抑えていると言えるのかも知れないが。


 劇的サヨナラ日本一。工藤監督、選手及びスタッフの皆様、おめでとうございます。そして1年間お疲れ様でした。

 やはり横浜でのベイスターズは試合ごとに強くなり、2連敗して福岡に戻ってきた第6戦。
 気持ち的にはかなり不利な状況で、この日の試合も重苦しい展開だったが、ホークスの底力と勝ち運が炸裂した。

 先制の熱男弾、キャプテン内川選手の「配球読み&高度な技術」による9回裏同点弾、サファテ先生の「男気」3イニング回跨ぎ&初めて見るようなアドレナリン全開オーバーリアクション、川島選手の「オレもいるぞ」サヨナラタイムリーヒットという、ファンとしてはたまらない名シーンがたくさんあった。
 サヨナラ勝ちで優勝決定の現場を観ることは、1度あるかないかだろう。

 途中、ベイスターズにビハインドとなり、ホークス打撃陣が相手P今永投手に三振の山を築いていたときは心が折れかけたが、信じて最後まで観戦して良かった。そのモヤモヤがあったからこそ、9回裏以降は文字通り「固唾を呑んで」グラウンドを凝視。
 最後のタイムリーヒットも、毎度おなじみ「壊れた信号機」気味なアウト走塁だったが、まさかのバックホーム返球イレギュラーバウンドという、漫画のような展開であった。(正直なところ現地観戦では遠目で良く見えなかったが)

 ベイスターズは強かった。中でも濱口投手と今永投手には、手も足も出なかったと言ってもいいだろう。
 パ・リーグの各チームはこのシリーズにおけるデータを分析して弱点を突いてくると思われるので、2018年に向けた課題のひとつになりそうだなと感じる。

 優勝の歓喜の裏で、寂しい話題をいくつか。

 鳥越コーチと清水コーチが退団するそうだ。これはけっこう影響が大きいのではないか。しかも井口監督率いる千葉ロッテマリーンズへ移籍とのこと。
 近年のホークスは守備のチームだったので、特に鳥越コーチについては後任が誰になるか気になる。
 それにしても、さすがは「人望の塊」井口監督である。こりゃ選手も何人か持って行かれるかもな。鈴木大地選手がサードコンバートという情報もあるから、二塁手は・・・
 井口監督は元ダイエーホークス戦士なだけに、応援したい気持ちもあるが、強力なライバルになっていきそうで、複雑な心境だ。

 さらに佐藤義則投手コーチも退団し、古巣のイーグルスへ戻るとのこと。若手投手の良き指南役だっただろうからこれまた後任が気になるところ。

 そしてなんと言っても大きな話題は松坂投手の退団。ホークスが勝てたから良いようなものの、大事なこの日の日本シリーズ第6戦の直前にこの報道になるとは、どういう意図または不作為が働いたのか。
 松坂投手は結局、3年間で一軍登板は消化試合で1度だけ、しかも結果は散々である。
 巨額年俸だっただけに、良く「高すぎた買物」めいたことを言われるが、グッズは売れるし、松坂投手の話題は国内の野球にあまり興味がない人や海外の野球ファンにもリーチするので、広告宣伝の観点からも商売としてはさほどマイナスではなかったと思う。
 しかし、純粋に日本球界への復帰を喜び、信じて応援したファンもたくさんいると思うので、この結果は何とも言えない寂しさを感じるというか、空虚な気持ちになる。
 果たして日本プロ野球で選手を続けられるのか分からないが、もし対戦するようなことがあれば、それはそれで感慨深いものがあるので、頑張って頂きたい。

 いずれにせよ、2017年の日本プロ野球日程は全て終了した。平日でも開催しているプロスポーツは少ないので、寂しくなるが、来春また多く観戦に行けるよう、冬のうちに仕事その他を頑張ろう。

 改めて御礼。ホークスの皆様、感動と元気を頂き、ありがとうございます。

スポナビ結果

 日本シリーズ第3戦。
 舞台を横浜スタジアムに移したこの日は、チケット確保が出来ず現地観戦は出来ていないのだが、池袋にあるロスカボス池袋本店というお店がホークス中継を観ながら飲食できるとのことなので、訪れた。
 そしたらなんとこのお店、2018年シーズンからホークス応援店となり、ホークスの全試合(スポナビライブ)を店内放映するそうだ。

 TOKYO MXテレビのホークス中継枠の件もそうだが、多くの人が住んでいる東京首都圏においてホークスの認知度を上げる施策としては、こうした応援店を増やすことは非常に理にかなっているし、スポナビライブをソフトバンクグループで持っている強みを最大化する良い一手だ。孫さん、本当に商売うまいな。

 試合については、第2戦と同じく、ホークスの強みを実感できる試合運びであった。柳田選手やデスパイネ選手、松田選手など、打撃面で派手なイメージを抱く人もいるかも知れないが、今季のホークスは守備・走塁のチームである。その良さが随所で発揮された。

 もうこうなったら4連勝してほしいが、短期決戦は何がきっかけで流れが変わるか分からない。次もホークスらしい試合を期待しつつ、出来れば柳田選手と松田選手のホームランが観たい。

スポナビ結果