メールI/Fで、Webサービスのゲートウェイを作ろうとしてみた。

というのも、携帯で辞書を引きたい時などは、けっこう電車(しかも地下鉄)移動中だったりするので、オフラインでクエリー入力して、常時接続ではないやり取りで結果を受け取れたら、小便利な気がしたので。

このようなオンとオフの中間みたいなところで、意外と便利サービスがほかにも考えられるかも。

で、辞書で試してみる。

イーストという会社が辞書Webサービスを非商用フリーで提供してくれちゃったりするので、メールSubjectに引きたい英単語をスペース区切りで書いてメールするとサーバー側で辞書を引いて結果をメール返信するゴミプロを作ってみた。

PEAR::Net_POP3とPEAR::Mailと以前作ったhttpクラスを使って2時間もあれば完成!だったのだが、定期受信監視手段でアテにしていたcron設定が、XREA.COMでは最短1時間おきらしいので、ほぼリアルタイムが実現できず!
しまった前提条件の確認を怠った。
(まあそれでもレンタルサーバでcronまで使えるのはありがたいことですが)

というわけで、一応、完成させるも、現在の環境では実用レベルの定期動作環境が作れず。
(Web-CGIで動かす版は作ったのだが、それならフツーに辞書サイト行けばいいじゃん、てことで本末転倒)

XREA.COMさまにはprocmailを使えるようにしてほしいな、と我侭をつぶやいてみる今日この頃。


Posted in PHP.