AndroidおよびApple以外のメーカー各社、涙目。

ドコモ、来年夏にiPhone参入 次世代高速通信規格「LTE」に対応(2011年12月1日 日経ビジネスオンライン)

 NTTドコモは米アップルの人気スマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」の次世代機を日本国内で販売することで、アップルと基本合意した。ドコモはこの合意に基づき、まず来年夏に高速通信規格「LTE」に対応したiPadを日本市場に投入し、秋までにLTE対応のiPhoneを発売する見通しだ。

 国内の携帯電話会社ではソフトバンクモバイルが2008年に初めてiPhoneを発売し、今年10月にはKDDI(au)も最新型「iPhone4S」の販売を始めた。ドコモの参入によって大手3社すべてがiPhoneを取り扱うことになり、携帯各社の競争の軸は端末から通信品質や料金面にシフトすることになりそうだ。

記事中にある純増数急減のグラフみたら、こうなるしかないわな。
Appleにしても既に商用化されているLTE市場があるというのは魅力だろう。
個人的にはWiMAXに期待だったのだが、SprintもWiMAXからLTEに転換するみたいだし、ニッチ規格になっちゃうのかね。