ASUS、合体してノートPCにもなるAndroid搭載タブレットPC「Eee Pad Transformer」発表、6月中旬より販売を開始(2011-05-23 +D PC USER)

 ASUSTeK Computerは5月23日、Android 3.0を搭載したタブレットPC「Eee Pad Transformer TF 101」を発表、6月中旬より販売を開始する。価格は5万9800円(税込み)。

 Eee Pad Transformer TF 101は、1280×800ドット表示対応の10.1型タッチスクリーン液晶を採用したタブレットPC。タブレット型での利用に加え、付属の“モバイルキーボードドック”と合体させることでノートPCモードでの利用が可能となっているのが特徴だ。

 OSはAndroid 3.0を導入。CPUはNVIDIA Tegra 2、メモリは1Gバイトで、ストレージはeMMC準拠のフラッシュメモリを32Gバイト装備した。正面(120万画素)/背面(500万画素)のカメラ、microSDカードリーダー/ミニHDMI出力(タブレット側)、USB 2.0×2/SDカードリーダー(モバイルキーボードドック側)なども利用可能だ。

 本体サイズおよび重量は、タブレット本体が271(幅)×177(奥行き)×12(高さ)ミリ/約680グラム、モバイルキーボードドック側が271(幅)×185(奥行き)×28(高さ)ミリ/約640グラムだ。バッテリー駆動時間は、薄型リチウムポリマーバッテリーを内蔵したモバイルキーボードドック接続時で最長約16時間。

 iPad は何となく「携帯電話」でも「今までのようなモバイルPC」でもない何か別の新しいスタイルを創ろうとしているかのように見えるが、これはもう、ど真ん中、直球で「モバイルノートの代わりに使ってください」である。
 500g+500gくらいだといいんだけどなあ。あと本体側にもフルサイズSDカードリーダーがほしいところだね。

 それにしても、年末にはデュアルコアが当たり前になって、来年はクアッドコアだと。しかもOS(Android)は結構なスピードで機能拡充されていってるし、モバイルノート市場がスマートフォン&タブレットによって食われていく情勢がはっきりしてきた。
 ノートPCはWintel、という固定概念をとっぱらわないと、ヤバいぞ日本勢。
 モバイルノートPCの現ラインナップを次々と販売終了させて絞っているSonyの動きが興味深いが・・・これに対抗してほしいところだ!

See also: ASUS、ノートPC型にもなるAndroidタブレット「Eee Pad Transformer」発売