「歩行者専用」標識を設置=秋葉原ホコ天再開へ-警視庁(2011-01-18 時事ドットコム)
1月23日にアキバ歩行者天国復活! 万世橋署「写真撮影や路上パフォーマンス一切ダメ」(2011-01-18 ガジェット通信)
がんじがらめの秋葉原「ホコ天」再開―やり過ぎ嫌って遠のく客足(2011-01-29 J-CAST)

すでに旬は過ぎているニュースだが、アキバのホコ天の様子を見てきた。

 ここ数年のアキバは、AKBと萌え系とエレクトロニクス系と一般大衆向けスポットの大乱戦状態になり、さらにつくばエクスプレス開通とかもあってか、埼玉千葉方面から攻めあがってくるやんちゃな若者たちのストッパー的役割まで担うようになり、シュールさが際立ってきている。
 そんな状況のなか、エレクトロニクス系勢力は、ネット販売の充実と店経営者や常連客の高齢化に伴い、徐々に輝きを失いつつある。
 いわゆるパーソナルコンピュータ的な世界の黎明期から秋葉原を見てきた中年にとっては、なんだか寂しいが、まあこれも時代の流れなのだろう。
 ということでもはや風前の灯となりつつある古きよき秋葉原の情景を、撮影禁止とかいう戯言を全力で無視して、保存しておこうと思う。