VirtualBoxを起動すると、
VERR_VM_DRIVER_NOT_INSTALLED
なんていうエラーが出るようになった。
どうもKernelをアップデートしたときにドライバが外れてしまったみたい。

/etc/init.d/vboxdrv start

で直ると思ったらエラー出た。

cd /opt/VirtualBox-1.3.2/src
make clean
make
make install
/etc/init.d/vboxdrv start

でOK。(実際には全てsudoコマンドに続けて実行)

しかし、今度は仮想マシン内のOSが壊れてるみたいだ。OS入れ直し!
WindowsXPのインストーラ(特に初期の青画面のUIのわるさ)がまどろっこしすぎて、インストーラ操作の敷居も、Ubuntuを始めとするLinux勢が優勢かも知れないと実感。Vistaはどうなんでしょ?

関連記事:VirtualBox上でWindowsXPを弄ぶ