社内、とくに、プロジェクト内の情報共有手段としてメーリングリスト(ML)の代わりにblogを上手く活用することは、今日ではさして目新しいことでもないのかも知れないが、自分の今の境遇では、あまりにもMLが使われることが多い。

MLの代わりにblogを上手く活用することでいろいろいいことがありそうなので、今度からMLやめてblogでやろうよ!と叫ぶ前に、一応ほんとにそうなのか自分なりに整理してみる。

  1. RSSの活用によりいろいろな情報の絞込みが、意図的に可能。
    MLでは、メールクライアントでのメンバ各自の検索が主な絞込み手段である。
    blogの場合、RSSアグリゲータを活用して「特定のキーワードを持つエントリ(例えば、バグもしくは故障という言葉を含む、等)」のリストをポータルに表示する、といったことが容易に実現可能。
  2. 発信する情報のカテゴライズを中央制御できる。
    MLだと、基本的にカテゴリ分けは受信者任せ。Subjectに[提案]とかつけたりルール化をして努力をするものの、直ぐにカオス化。
    blogでは、カテゴリを管理者が予め決めて、情報エントリ時には必ず何れかを指定させるようにできる(可能性がある)。
  3. トラックバックを上手く使うと、関連を示しつつ議論のまとめを記録しやすい。また、全く別に進行している話題に共通性が見出された際に、話題同士の関連付けがしやすい。
    MLだと、そもそも情報同士の関連付けという概念はない。
  4. トラフィックとディスクスペースの節減ができる。
    MLに巨大なファイルをガンガン送りつける輩がいたりすると、否が応でも受信負荷増を強いられる。(まあ最初はタイトルだけ引くようにすれば多少は負荷軽減されるワケだが、最終的に受信する際に負荷を強いられ、かつディスクスペースも食う)
    blogでは、基本的にWebサーバ上にデータが集約されているわけで、閲覧しただけでは添付ファイルのダウンロードも発生したりはせず、メンバ各自のディスクスペースを食ったりもしない。

総じて、メリットはありそうだ。

ただし、blogはそこにアクセス可能な不特定多数に公開される前提のツールである。MLではメンバ以外への情報隠蔽が完全ではないものの、できる。
MLの完全なる置き換えを実現するには、blogそのものや、エントリに対する、アクセス制御というものが必要になるのかも知れない。
ただ、社内で使うことを考えたら、契約条項で「担当外秘」になったりしている以外はオープンにする流れが正しいのかも知れないと、ふと思ったりもする。(コンプライアンスが、とか、情報セキュリティが云々、という昨今の流れからするとオープンはいろいろ障壁がありそうだけど)

関連記事:メール文化における「存在の耐えられない軽さ」