Virtual Host + SSL を使いたいのと、仕事だとアンパイな Apache ばかりで飽きたので、lighttpd を入れる。

■Fedora EPEL リポジトリを設定
Apache 勢力の陰謀なのか、lighttpd パッケージは CentOS で初期設定されているリポジトリにはなくて、Fedora EPEL リポジトリというところにおいてある。以下でリポジトリ設定をインストールし使えるようにする。
ちなみに 32bit 版のひとは x86_64 が i386 に変わるよ


[root@kvm1 ~]# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm
[root@kvm1 ~]# rpm -Uvh epel-release-5-3.noarch.rpm

■lighttpd インストール
ってことで、素直に yum を使いインストール。


[root@kvm1 ~]# yum install lighttpd

■ファイアウォール設定
80と443を通すよう設定してiptables再起動。


[root@kvm1 ~]# vi /etc/sysconfig/iptables
[root@kvm1 ~]# cat /etc/sysconfig/iptables
# Firewall configuration written by system-config-securitylevel
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]
-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT
[root@kvm1 ~]# service iptables restart
ファイアウォールルールを適用中:                            [  OK  ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter                   [  OK  ]
iptables モジュールを取り外し中                            [  OK  ]
iptables ファイアウォールルールを適用中:                   [  OK  ]
iptables モジュールを読み込み中ip_conntrack_netbios_ns     [  OK  ]

■他のPCなどからアクセステスト
紙飛行機のロゴが出てきたらOK。