「KANSAI CLASSIC 2017」3戦目。
 ついに出た、松田選手の今シーズン初HR、初ワンダホー。まあしかし長かったね。

 6回までは相手のルーキー山岡投手に対してランナーは出るものの、あと1本が出ないという既視感のあるイライラ展開。しかし、寺原投手が1失点で何とか抑えつつ、継投も頑張り1点ビハインドのまま迎えた7回、松田選手HRで同点、そのあと9回に登板した平野投手からデスパイネ選手が勝ち越しHR。最後はサファテ先生で逃げ切り。
 平野投手vs.デスパイネ選手、まさに昨日の最終回の粘りが活きた結果となった。

 やはりHRが出る打線は、一瞬にして雰囲気を変えられるのが良い。今日の2本は、まさにHRの破壊力を実感できるものだった。5月はもう少したくさん観られそうな気配が漂ってきたので、嬉しい。

 それにしても、この3連戦を振り返ると、好調のバッファローズに対して、中田&摂津&寺原という「ザ・投げてみないと分からない」3先発で2つ取れたのは大きい。
 和田投手、武田投手が戻ってくるまでの間はこのような薄氷を踏む試合が多くなると思うが、リリーフも含めた投手陣が何とか踏ん張れているうちに、打線はもう少しギアを上げて、Aクラスで交流戦を迎えたいものだ。

スポナビ結果