1勝1敗で迎えたイーグルス3連戦の3戦目。
 本日は「どんたく博多デー」と銘打った企画試合である。
 ホークスの企画試合は正直言ってあまりいいイメージがない。鷹の祭典にはじまり、選手名を銘打った企画試合など色々あったが、負けが多いイメージである(あくまでイメージで調べたわけではない)。

 結果は、果たして危惧した通り、点差以上に現時点での力の差を感じる敗戦。

 イーグルス岸投手が直前で登板回避し、急遽登板となった戸村投手、当然ながら序盤はコントロール不安定だったのだが、出塁はするものの、あと1本が出ない。
 荒れ玉がかえって災いしたか、嶋捕手のリードの賜物か。嶋捕手はリード以外にも、意図が明確な盗塁企画で、失敗しても次回は絶好調の茂木選手からの打順とする等、試合感の良さが光った。

 対するホークスの投手陣も、寺原投手の2失点までで抑えており及第点と思うが、野手陣がどうにも萎縮してしまっている。去年もつぶやいたが、メンタルコントールに関するエキスパートをコーチとして導入したほうが良いような気がするな。もちろん技術的な問題もあるのだろうけど。内川選手は個人でメンタルコーチを雇ったという話を以前記事で読んだことがある。やっぱりそれぐらいのことをしないと超一流の結果を維持するのは困難ということなのだろう。
 現状、各選手がメンタルコントロールについてひとりで悩まずに、的確な助言のできる第三者に頼れる状態なのかどうか、気になる。(マッチとかマッチとかマッチとか)

 4/25からは絶不調8連敗中のファイターズとの連戦になる。アタマの試合はあまり相性の良くない北九州市民球場であるし、またまたファイターズの連敗ストッパーになってしまうのか心配な状態ではあるが、移動距離は少ないので、月曜日の休みでリセットしてほしい。

 ということで攻撃の結果が出ていない現状、またまた興味はスタメンと打順変更があるかどうかになる。起爆剤として、川崎選手の昇格待ちなのかなあ。

 ゲスト&始球式に登場した鮎川誠さんのお元気そうな姿を観られたことが数少ない収穫の観戦であった。

スポナビ結果