2度あることは3度ある。3戦連続の観戦。
 我ながらやり過ぎとは思いながら、行きたいものは仕方がない。土日にわざわざスタジアムに行って野球が観られるのも、なんとも幸せなことだ。

 結果、さすがに3連勝は確率低いかなと思ったが、できてしまった。

 1点ビハインドで上林選手の素晴らしいHR、今宮選手ツーベース、柳田選手が四球でつなぎ、内川選手2点タイムリーツーベースという、鮮やかな逆転劇で日曜日の試合結果としては最高の内容であった。
 そしてサファテ投手が外国人投手としては新記録の178セーブを達成。自身も当然記録を意識しているのか、圧巻の三者三振。ホークスへの貢献は計り知れない。もう年齢も年齢だが、少しでも長く続けてほしい。だからあまりサファテ投手が出てくるシチュエーションを増やさないようにしてほしいが、記録は伸ばしてほしいという複雑な心境。

 日本のプロ野球ファンなら多少なりとも共感できると思うが、日曜日の試合は大事だ。
 日本のプロ野球の試合日程は、概ね同一チームとの3試合×2の6日間を、毎週火曜日~日曜日で組まれることが多い。(もちろん時期によっては変則もある)
 ということは、日曜日の試合は、結果はもとより試合内容が悪いと、試合の終わった日曜日夜から、次の試合が始まる火曜日の夜まで、どこかスッキリしない悶々とした日々を過ごすことになるのだ。
 (そして世の中の多くの人は月曜日からその週の仕事が始まることが多いので、余計に憂鬱な気分になるのだ)
 仮に金曜日や土曜日に酷い負け方をしたとしても、日曜日に快勝できれば少しは溜飲が下がる。逆にその週を順調に勝ってきても、日曜日に酷い負け方をすると、少し憂いのある週始めを過ごすことになる。
 なので日曜日の試合は、ファンにとっては大事なのだ。

 3日目の今日はJALスカイビューシートであったので、マリーンズの応援席が眼下すぐに見えるところ。相変わらず素晴らしい応援で、近くに座っていた、どうやら初めて観戦したらしいおばさま方が、唖然とした表情でビジター応援席の声と動きを見つめていたのが面白かった。
 今年はちょうど土日が絡んだおかげか、アフェーであるにも関わらずマリーンズファンが大量に観戦に来ていて、ことさら迫力があった。
 マリンスタジアムでも、お手柔らかにお願いしたい。

スポナビ結果