2試合連続で観戦。

 ホークス先発投手は相手チームの得意不得意を考慮してか中田投手。
 マリーンズ先発投手は西野投手。抑えのイメージがあったので意外だなと。

 試合はマリーンズの守備の乱れもあり4点をあげ、9回に岩嵜投手が打ち込まれて1点を失ったがサファテ先生に助けて頂き、2連勝。

 マリーンズのショートは、去年は鈴木大地選手だったが今年からはセカンドコンバートで、中村奨吾選手が開幕からショートを守っている。この日は試合を決定づけるエラーをしてしまった。鈴木選手のコンバートは将来的に平沢大河選手を起用する布石ということなのかも知れないが、平沢選手もレギュラー固定というわけではなさそうだし、時期としてはどうなんだろうか。
 プロ野球全体的に、内野(特にサードとショート)は人材難でなかなか攻守揃った選手が出てこない。
 ホークスの内野は、ほんとに育成が上手くいって恵まれているなと感じた試合であった。(もちろん今宮選手や本多選手の打撃面や、サードについては松田選手を脅かすような若手選手など、更なる育成を頑張ってほしいわけだが)

 勝利ももちろん嬉しいが、開幕2試合目にしてスタメン全員にヒットが記録されたことも地味に嬉しい。打撃絶好調と呼べる選手はあえて言うならば本多選手くらいだが、絶不調というような選手も見当たらない。いっぽう投手陣は概ね好調のようなので他球団が安定しない今のうちに白星を稼いでほしいね。

スポナビ結果