デスクトップをXubuntuに変えてみた。
噂どおりUbuntuよりも少し軽いかも?(実はあんまり実感なし)
日本語ローカライズはUbuntuのパッケージを流用する。以下手順メモ。

  1. Synaptic パッケージ・マネージャを起動して[設定]-[リポジトリ]ダイアログの[サードパーティのソフトウェア]タブにて、[追加]ボタンを押し、[APT Line]に「deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy/」を入力して[ソースを追加]ボタンにて追加する
  2. 同手順にて「deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy-ja/」を追加する
  3. 途中に出てくる警告っぽいメッセージボックスはすべてスルーで
  4. Synaptic パッケージ・マネージャ[再読込]を行い読み込まれたパッケージリストのなかにある「ubuntu-ja-keyring」をクリックして[適用]する。認証されていない云々といった警告メッセージはスルーで
  5. 再びSynaptic パッケージ・マネージャ[再読込]、「ubuntu-desktop-ja」をクリックして[適用]する

いじょ