最近のマクドナルドには「電源席」があるんですね。
24時間化とかもしてるし、なんか意気込みを感じるなあ。(ただマックの場合「寝られる」わけではないので24Hの有用性は?)

100円ドリンクで15:00~20:00滞在し、なんかいろいろ雑事が、あげくにはプログラミングまで、できちゃいました。
ちょっと後ろめたかったので、帰りにチーズバーガー買って帰った。計200円。我ながら貧乏くさいと思う。

たまたまなのか他の店舗もそうなのか、このマクドナルドの電源席は、カウンター席のみであることに加え、テーブルの奥行きがなく、妙な段差がついていて、ノートPCを広げるとかなりポジション的に苦しい。
長時間占拠されないように、わざとやっている工夫なのだろうか?

で、バッテリ駆動で通常席、バッテリ残量が減ってきたら一時的にカウンター電源席に移動して電源補給。
そこまでするなら事務所(自宅)に帰れ!つうことなわけだが。

なんだか「関係ない人たちの奏でる適度なざわめき」がリラックスできていいと感じてしまう性分であるため、モバイルで長時間作業することの多い(というか好きな)自分としては、通常席にも電源席を設けてほしいところ。

だが、さすがに長時間滞在は弱小ニーズだと思うので、そこまで期待するのは難しそうだ。(ただしマクドナルドは通常席も座席が硬いので、どっちみち長時間滞在は無理かもしれない。5時間でも、没頭していると気にならないが店を出たらかなりお尻がいたくなっていた)

スターバックスの類のように、座り心地の良い椅子が装備されている店舗において「電源席」があったりすると、もうそこがオフィスでいいよって感じなんだけど・・・

なんか巧いことガジェットを開発して「電源も有料(時間従量)化」して「全席装備」なんてできないかなあ・・・投資回収できないだろうな

でもやっぱり、さすがに朝から晩までいたら、きっとドン引きされるよなあ・・・

参考URL:バッテリーオアシス -パソコンの電源が使えるカフェ- 東京