i-tones in ikebukuro たまたま池袋を歩いていたら、何やらアタックの効いたバンドサウンドが聞こえてくるので、行ってみると、JAZZやってました。

 池袋東口(西武口)の明治通り沿い歩道上。

 ドラマー竹下宗男さんを中心にしたギター、ベース、ドラムの3ピースバンドで、名前は「i-tones」。このバンドはまだ結成3ヶ月くらいらしいです。

 池袋の路上でJAZZですよ。かっこよすぎる。新宿とか渋谷でないところがいい。(なんつって新宿渋谷より自宅から近いからそう思ったっていうのもあるんですけどね)

 もともと池袋って芸術の街みたいな側面もあるんで、そのうちまた池袋にきてほしいです。

 JAZZは詳しくない私。クインシー・ジョーンズのCDでマイルス・デイビスをマトモに聴いた、っていうくらい素人くさいのですが、今日は音のかっこよさに感動して、思わず池袋から徒歩で帰宅しちゃいました。

 で、今あの場で買ったCD聴きながら書いてます。CDもいい。JAZZだと聴いちゃって手がとまるんだなこれが。

 i-tonesのHPはこちら

 (情報追っかけたいひとには必須のRSSが、エラーになっちゃいます!残念。HPブクマで我慢)

 今日は五反田駅西口20時予定だそうですので、このblog読んだ東京在住のかた(本blogは弱小故、少ないと思うけど)は聴いてみたら如何でしょうか。

 ストリートだから臨場感ありますよ。やっぱ生だと違いますね。あと道端なんで気軽だし。