ネットプリントサービスとは、インターネットを介して登録した文書ファイルが全国のセブン-イレブン店頭のコピー機からプリントできるサービスです。

http://www.printing.ne.jp/

 ユーザ登録するだけなら無料。

 使いかたは、ブラウザでユーザ認証したあと、印刷したい文書ファイルをアップロードすると、受付番号が振り出されるので、それを覚えて最寄りのセブンイレブンに行き、コピー機のタッチパネルでネットプリントを選択して受付番号を入れて、登録した文書を呼び出して印刷。

 A4白黒20円/枚。A4カラーは60円/枚。料金はセブンイレブンにて、コピーをするときの要領でコイン投入して支払う。

 念のために、登録文書ごとに4桁の暗証番号をつけたり、受付番号を任意のメールアドレスに通知できたりする。携帯メールに通知しておけば、受付番号(8桁の英数字なのでさすがに暗記は難しい)をメモする手間も省ける。

 登録した文書は一定期間(一週間くらい)保存されるので、もう一度呼び出して印刷なんていう芸当も可能っぽい。

 これは便利すぎる。都心だとセブンイレブンは割とどこにでもあるし。いまやコンビニを冷蔵庫代わりに使って、自宅には冷蔵庫がない人もいるらしいから、ITを駆使してもっといろいろ出来そうな予感。商品予約とか・・・

 さっそくだが、何点かリクエスト。中の人、もしこのblogみたら是非検討してほしい!

  1. WWW上で印刷したい文書を登録するとき:通知先メールアドレスを毎回入力したくないので、もし入力されたらそれを覚えて次から初期表示してほしい(先に述べたとおり携帯メールに受付番号を転送するというニーズは高いと思われる。コンビニでPCをぱかっと広げるわけにもいかんし、紙にメモるっていうのも画龍点晴を欠いてる感アリアリなので)
  2. やっぱりプリンタドライバとしてアプリから直印刷ができる状況にしたい気もする(現在はファイルベースなので対応ファイルにも制約あり)。APIとして公開してくれれば、Linux版だろうがMac版だろうが「みんな」が作ってくれる気もするのだが?さすがにセキュリティリスクがあるか?
  3. API公開すると、サービス間提携で、WebMailサービスから直接印刷に送れたり、ぐるなびクーポンを直接送ってセブンイレブンで受け取れたりして、これはもう全ステークホルダーがWinしまくりなうえに、ものすごく現実的なユビキタス社会が到来しそうな気がするのだが!一般ユーザへのAPI開放が無理なら、せめて他サービスとの提携を頑張ってほしい(我ながら好き勝手いってるが)
  4. ホントわがままだけど、料金安くならないか。ユーザがA4を指定しても、ちょっと縮小してしまって、空いたスペースに広告を印字する「料金が安いバージョン」なんてのを開発したら、どうだろう?しかも印刷する店舗の地域によって内容を変えるっていうAdSenseぶりを発揮すれば、けっこう面白い気がするが?

 会社にちゃんとしたレーザープリンタが鎮座しておられる諸兄には、そこまで感動するほどの必要性ではないのだろうが、当方、さすらいのモバイル専業野郎なので、このサービスはガンガン使ってしまいそうな予感がする。