東京都写真美術館 天野尚写真展 に行ってきた。

天野尚プロフィール(2007.4.21 シンフォレスト アーティスト情報 より)
 1954年、新潟県西蒲原郡巻町生まれ。「小さな命を愛せずして、大自然を語ることはできない」という理念のもと、水草による独自のレイアウト手法『ネイチャーアクアリウム』を提唱し、実践してきた。写真集「ガラスの中の大自然」は日本はもとより、アメリカ、ドイツ、オランダ、フランス、イタリアなどの欧米各国でも翻訳、出版され、世界のアクアリストの注目を集めている。撮影には大判カメラを使用、生命の輝きをより鮮明な描写で捉え追求している。また近年、世界三大熱帯雨林を中心とした撮影取材にも精力的に取り組んでいる。株式会社アクアデザインアマノ代表。

天野 尚写真展『佐渡-海底から原始の森へ』(2007.4.21 http://www.adana.co.jp/ より)
 日本の自然の縮図とも言える独自の自然環境を有する佐渡島。天野 尚は15年以上にわたって佐渡を訪れ、これまでほとんど知られていなかった原生林や巨大杉、絶滅に瀕している希少な山野草の姿などをとらえることができました。
 本展では、高度経済成長に伴って日本各地から失われていった自然が今も色濃く残る佐渡の風景を、大判フィルムを中心に撮影された135点の写真で紹介します。ネイチャーアクアリウムの構図のヒントにもなる佐渡の風景を、ぜひ大判写真パネルでご覧ください。

東京都写真美術館・地下1階映像展示室
4月21日(土)-5月20日(日)
10:00-18:00 ※木・金は20:00まで、入館は閉館の30分前
休館日:4月23日(月) 5月7・14日(月)
一般¥700(560)/学生¥600(480)/中学生・65歳以上¥500(400)
※( )は20名以上の団体料金及び東京都写真美術館友の会会員割引料金
※小学生以下及び障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※毎月第3水曜日は65歳以上無料

 初日なんで、ご本人発見!ダンディーなおじさんです。渋いぜ。

 しかし、佐渡って、こんなに美しかったのか。
 割と北のほうだし、もうちょっと殺風景な島なのかなーなんて勝手に想像してたけど、日本の縮図っていうフレコミ通り、四季や自然が織り成す風景が美しいことこの上なし。
 特に、もやのかかったブナ林の幻想的な風景に、暫しの間、魅入ってしまった。

 でも自然の美しさを感じさせる一番の理由は、写真のすごさだろう。
 大判フィルムを使ったとのことだが、映画スクリーン並みのデカイ写真パネルに広がる自然の美しさに圧倒され、かつ近づいていってもディティールがぼやけない。しかも近くで観ると一瞬その風景の中に入り込んだような錯覚すら感じさせる。
 カメラも含めてやっぱりプロのこだわりはすさまじいものがある。しかも、シャッターチャンスを狙って極寒の空間でひたすら待ったりしてるんだろうな、きっと。

 かなりカメラがほしくなってきたんですけど。カメラは不勉強なのだが、しばらく前にデジタル一眼で遊んだことがあって、自分の持っているコンパクトデジカメとの違いをまざまざと思い知らされたこともあり、前からほしかったんだけど、今日のこの写真展を観たら更に物欲が増した。

 買いたいものが増えてきた!やばい!衝動買い時短モード突入の予感。