入場料10,000円だけど、事前登録すると無料、というギャップが素敵な「Modeling Forum 2007」に行ってきました。

 興味深かったのは、北海道大学で知識メディア・ラボラトリー長を務める田中譲教授の「多様なウェブ資源の高次利用を可能にする知識関連技術」です。

 内容は、教授がなんと1987年から取り組まれてきたという研究の経過を成果(のデモ動画)を交えながら概観するもので、この界隈では有名な「IntelligentPad」のデモを中心に据えながら、研究テーマのベースである「ミームメディアとミームプールのアーキテクチャ」についてご教示頂きました。

 「IntelligentPad」すばらしい。現代における双方向化したWWWの原理みたいな要素を含みつつ、インタラクティブにデータとビュー、あるいはそれら同士の結合や連携を作成・表現できます。ここらあたりに書いてあるけど、当時は、世の中のほうがまだついていけなかったということなのでしょうか。

 日本発の技術というのがグローバル展開するには、技術研究の視点のみならずビジネス戦略や国家戦略(今だとオープンにすること自体やコミュニティ活性化することなどが戦略のような感じですかね)的な視点が必要だということなのかも知れません。はたまた、誰がどうなのかはさておき、結果的に欧米のコントロール外にあるものは巧妙に端に追いやられたりするという図式も見え隠れしているような、いないような。

 もうひとつ、「XMLデータベースによる不確定モデルへの挑戦と企業コンテンツ2.0」では、そのむかしは「マニアのおもちゃ」と揶揄されていたXMLデータベースやXMLオーサリングツール界隈における、地道な改善による実用化の最新状況が分かって、プチ感心しました。

 プレゼンも聞きやすくて、かつ内容的に、XMLとは何ぞや?XMLで何がうれしいのか?ということを世の中のおじさま方に説明するシナリオとして秀逸です。

 何をかくそう、昔「eXcelon」の時代に、ちょっとだけXMLデータベースの仕事に関わったことのある私。といっても、部下が派遣先で関わっていたのを自社から「大変そうだけど面白そうだな。頑張れー!」とやっていただけなので、会場で講師の加藤さんが「XMLデータベースを使ったことある方、挙手してみていただけますかあ?」と仰られましたが、手をあげられませんでした。

 今まで実用度の問題からあまり注目されていなかった、業務データそのもののXMLによる表現と活用が、今後のビジネスシーンにおける問題解決策として盛り上がっていくという主張には全く異論なく、奇しくも私的にXMLにまつわる研究開発に関わりそうな気配もあるので、少し注力して知識習得、勉強に励んでみようと思った次第です。