一眼レフを衝動買い。

 小さな悪魔たちに手持ちのコンパクトデジカメを破壊されて以来、カメラ無し状態であったが、やはり写真は楽しい。

 一緒に買った「Nikon D40Xマスターガイド (インプレスムック DCM MOOK)」の出来が良くて、マニュアルを読むよりも実際こっちを読みながら使い始めた。

 カメラに同梱されている「簡単操作ガイド」が簡単じゃなかった(内容が、という意味ではなくて、マニュアルのあるべき姿として)ために、余計に:「マスターガイド」のよさが目立った。

 そもそも、折込チラシみたいな形式でいちいち広げなくちゃならないのは、簡単じゃないと思いますよ?>簡単操作ガイド
 あとやっぱり、実機のカラー写真つきで解説してくれるとか、「簡単」を名乗るならそのくらいを期待したい。

 重箱の隅で申し訳ないが、技術屋にとってマニュアルは「苦手な分野」であるが故、逆に「素人にやさしいか?」を意識してしまうのだ。

 とにかく、やっとこれでflickrに新たな写真が追加できるようになった。

 当面はカメラ負けするだろうけど。